牛タン専門店の“杜の牛たん”が提供する「牛たん弁当」

写真拡大

牛タンが名物として知られる宮城県仙台市から程近い場所にある東北自動車道・菅生パーキングエリア下り線。ここでぜひとも味わいたいのが、牛タン専門店“杜の牛たん”の「牛たん弁当」(1080円)だ。

【写真を見る】店頭では牛タンを焼く様子が見られる。イートインスペースもあり

お店の最大のウリは、厚切りの牛タンをじっくりと焼き上げるグリル。店頭横の焼き台には溶岩石が敷き詰められ、牛タンを調理する様子を店外からでも目の当たりにできる。遠赤外線効果によって牛タンは、外は香ばしく、中はふっくらとしてジューシーな食感。素材を生かすため、味付けは塩のみとその出来に自信が伺える逸品となっている。

牛タンを受け止めるご飯も秀逸だ。宮城県産のひとめぼれと押し麦を使用し、ふっくらとしたお米とプツプツした麦が牛タンと絶妙にマッチしている。また、ご飯の横にあるピリ辛風味の唐辛子味噌も、牛タンとの相性がよく、箸休めにも最適だ。

どこをとってもスキがない牛タン弁当。みちのくドライブの道すがら、味わってみてはいかが?【東京ウォーカー】