ISSには「有害なバクテリア」が存在している!?:NASA発表

写真拡大

現在の国際宇宙ステーション(ISS)には、皮膚炎に関連性のあるアクチノバクテリアが存在しているという研究結果が発表された。DNA塩基配列決定法により、危険性のある微生物を見つけようという試みだ。

「ISSには「有害なバクテリア」が存在している!?:NASA発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

米航空宇宙局(NASA)ジェット推進研究所の科学者たちは、DNA塩基配列決定法を使って、国際宇宙ステーション(ISS)に乗り込んでくる危険性のある微生物を検知しようとしている。

『Microbiome』誌に発表された研究報告では、ISSには、皮膚炎に関連のあるアクチノバクテリア(放線菌門)が存在していることが示唆されている。

NASAは今回の研究で、ISSの空気浄化フィルターと、掃除機の袋に入っていた埃のサンプルを採取。採取されたサンプルを、地球上にあるNASAの「クリーンルーム」と比較した。

地球上のクリーンルームと比較すると、アクチノバクテリアはISS上の微生物叢の大部分を占めている。専門家は、ISSを無菌状態にするのは困難だと述べている。

ISSにあるこうした細菌は、炎症や肌荒れを引き起こす可能性がある。ただし今回の研究は、これらの細菌が実際に有害かどうかを結論付けることはできなかったという。この研究が、実際のデータではなく、遺伝子分析をベースとしていたためだ。

こうした研究は、ISSに有害な細菌物質が存在していないことを確認するために極めて重要なものだ。これによりNASAは将来、宇宙飛行士たちに脅威を及ぼす可能性のある病原体について警告を出すことができる。

さらに、ISSやほかの宇宙ステーション、ロケット、そして計画中の火星へのミッションにおいて今後、NASAが環境のクリーン度をモニターするためのベースラインを作成するのに役立つ。

「従来型と最新の分子解析技術を使用することにより、国際宇宙ステーションの細菌群をより明確に把握できます」と、NASAジェット推進研究所で今回のプロジェクトを率いている上級研究科学者のカストゥーリ・ヴェンカテシュワランは述べている。「(この方法により)宇宙飛行士の健康を脅かしたり、機器に影響を与えたりする可能性がある細菌や、その関連物質を見つけ出し、どこにより厳格な清浄化が必要かを確認できるのです」

TAG

ISSMicrobiomeNASASpaceWIRED UK