Surface Pro 4、Surface Pro 4タイプカバー、Surface Pro 4ペン

写真拡大

日本マイクロソフトは、タブレットパソコン「Surface Pro 4」を2015年11月12日に発売する。

「Continuum」、「Windows Hello」、「Cortana」が使える

デザイン性の高いマグネシウム合金製の筐体に、様々なポジションでの使用できる「キックスタンド」など従来モデルの特徴はそのまま、さらなる薄型軽量化を図り、インテルの第6世代「Core」プロセッサーの採用、新OS「Windows 10 Home」搭載機能への対応など、ハード・ソフト面を強化した。

タイプカバー脱着に合わせて「デスクトップモード」、「タブレットモード」を自動で切り替える「Continuum」。顔認識によるログイン「Windows Hello」。筆圧感知機能が1024段階に向上した同梱の専用スタイラス「Surfaceペン」のトップボタン長押しで起動するパーソナルアシスタント「Cortana」などの新機能に対応する。

ラインアップは、CPU「Core m3」/メモリー4GB/ストレージ128GBモデルが12万4800円。「Core i5」/4GB/128GBモデルが13万9800円。「Core i5」/8GB/256GBモデルが17万9800円。「Core i7」搭載モデルは12月発売予定。いずれも税抜参考価格。

新たに提供する各種アクセサリー類も使いやすさを一層向上させた。タイプカバー、Surfaceペンをそれぞれ多色展開し、好みのカラー、組み合わせを楽しむことができる。SurfaceドックはMini DisplayPortやUSBなどの拡張性を備えた小型のポートリプリケーター。