冬のパーティシーンを"リンゴの新酒"で華やかに

写真拡大

アサヒビールは、リンゴ100%のスパークリングワイン「ニッカ シードルヌーヴォスパークリング2015」を、2015年11月4日から2016年1月末までの期間限定で発売する。

通常のリンゴよりも収穫時期の早い、早生品種"国産つがるリンゴ"を100%使用すること で、収穫年のうちに"新酒"として出荷できる冬季限定のスパークリングワイン。水を一切加えず、甘味料・香料・着色料も加えない「ニッカシードル」独自の製法で仕上げており、"国産つがるリンゴ"由来のやさしい甘さとフレッシュで爽やかな酸味が特長だ。アルコール分は2%で、アルコールライトユーザーにも飲みやすい仕上がりになっている。

ラベルデザインは、赤にゴールドの配色で高級感を表現。製造はニッカウヰスキー弘前工場(青森県弘前市)で行う。

容量720ml(1箱12本入り)、アルコール分2%、価格はオープン価格。