マイナースポーツと化した元人気競技に往時の注目を取り戻させた立役者。そのキャラクターに熱視線が!

ラグビーW杯イングランド大会でわが国史上初の3勝を挙げた日本代表。マイナースポーツとなっていたラグビー人気を復活させた立役者が、日本代表フルバックの五郎丸歩(29)だ。

「W杯まで五郎丸が出演したCMは、明治(旧明治製菓)サプリメントのウェブ広告のみ。それがW杯以降、CM出演のオファーは、2ケタに達している状況です」(周辺関係者)

ラグビーと同じく、彼自身、一躍スターダムを駆けあがり、今や時の人。

24日に開幕したプロ野球日本シリーズ第1戦(ヤフオクドーム)の始球式も務めた。

また、五郎丸が所属するトップリーグ・ヤマハ発動機のファンクラブ会員も激増。すでに現時点で、昨年度を1000人あまり上回り、11月21日のホーム開幕戦(ヤマハスタジアム、対豊田自動織機)のチケットも、一般前売りの時点で完売したという。

スポーツ界ばかりではない。プレースキックの際に両手を合わせ、中腰になる"五郎丸ポーズ"を小学生からお父サンまでモノマネ。

「酔ったサラリーマンがやって盛り上がってますね」(居酒屋の女性店員)

という具合。

「髪型が同じソフトモヒカンで、ネット上で"五郎丸に似ている"と話題になったのが、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤。"ご本人に申し訳ない"と恐縮しつつも、得意げにイベントで例の五郎丸ポーズを披露していましたよ」(芸能ライター)

さらに、その五郎丸ポーズ、どこかで見たと思っていたのだが……。

「漫才師の西川のりお師匠ですよ。師匠がやっていた伝説のギャグ"ツクツクボーシ、ツクツクボーシ"にそっくり(笑)。のりお師匠の人気まで復活しそうな勢いなんです」(前同)

こうして社会現象になった五郎丸だが、その年収はナント、450万円〜550万円(推定)だとか。五郎丸は、ラグビーの名門・佐賀工業高校から早稲田大学へ進み、大学選手権で3度の優勝を果たしてトップリーグの強豪・ヤマハ発動機へ入団。ところが、その後、ヤマハ発動機が経営不振に陥り、ラグビー部を縮小して、選手のプロ契約を打ち切ることになった。つまり、プロのラグビー選手から一般の社員となり、年収が大幅ダウンしたのだ。

「一転して茨の道となったはずですが、五郎丸は義理堅い性格。他チームへの移籍を考えず、正社員としてチームに残る道を選んだんです」(前出の周辺関係者)

五郎丸が会社の業務で所属するのはコーポレートコミュニケーション部。

「メディアなどからバイクの貸し出し依頼があれば、担当部門に連絡して手配する仕事をしています」(ヤマハ発動機ラグビー部広報)

その仕事の合間を縫って猛練習に励み、W杯1次リーグでは、ランキング1位の13PGを記録(58得点は同2位)したのだ。

「努力家で性格は真面目そのもの。それでいて、あのルックスですよ。広告業界が放っておくわけがないでしょう」(広告代理店関係者)

前述した通り、W杯後、出演オファーが殺到。ヤマハ発動機そのものも、企業CMに五郎丸を起用することを「検討中」だという。CM出演のギャラは、テニスの錦織圭で6000万円以上、ヤンキースの田中将大で5000万円以上といわれるが、

「五郎丸が出演したら1本あたり3000万円程度は堅い。ラグビー選手としては破格です」(前同)という。

五郎丸はヤマハ発動機の社員だが、彼が会社に申請して副業が認められたら、1本のCM出演だけで年収は一気に6倍以上へ急上昇、"シンデレラボーイ"となる可能性は十分だ。

経済アナリストの森永卓郎氏によると、

「仮に五郎丸氏が完全フリーで彼の権利をオークションにかけたら、1億円くらいにはなると思います」

という。ならば、年収は一気に20倍――。しかも、

「ビートたけしの『新・情報7daysニュースキャスター』(10月17日放送、TBS系)に出演した際、五郎丸はたけしの下ネタにも動じず、逆に、たけしがタジタジになっていました。バラエティ番組でも十分いける」(芸能事務所社長)

と芸能界からのラブコールまで巻き起こっている。

番組では、たけしが「(ラグビーチームの)新日鉄釜石で本当はV6なのに、"ブイセックス"って言っちゃった。そしたら相手は、"交尾成功"って言ったっていう……」と、"たけし節"を炸裂させたものの、スタジオ内は引き気味。五郎丸は、あのクールな表情で受け流し、"世界のたけし"が「すいません……」と頭を下げる一幕も。

「このほか、五郎丸は自叙伝の『不動の魂』(実業之日本社刊)を出版しています。出版界はもとより、イベント業界、グッズ販売業界からの引き合いを考えたら、商品価値は5億円くらいにはなるでしょう」(中堅出版社の版権部社員)

「あたしのもぜひ掴んでっ!」

しかし、これで驚いてはいられない。2019年にラグビーW杯日本大会を控え、五郎丸人気が日本経済に及ぼす影響はケタ違い。実に5000億円の経済効果があるといわれるのだ。EY総合研究所は、ラグビーW杯日本大会の経済効果を約4200億円と試算。

「ただし、試算はW杯で日本代表が活躍する前の数字。その後のラグビー人気を考えると、数字が上ブレする可能性はあると思います」(未来社会・産業研究部の小川高志部長)

W杯日本大会だけで"4200億円+α"の効果が見込めるというのだ。

五郎丸人気の現在、その"α"の部分が相当大きくなるのは当然だろう。むろん、それはラグビー日本代表チーム全員の功績もあるが、五郎丸にしかできないこともある。まず潤っているのが美容業界だとか。

「身長185センチ、体重100キロのマッチョ体型と、あのルックスに萌える人妻が急増、夫に"せめて五郎丸と同じ髪型にして!"とソフトモヒカンを強要しているそうです」(業界関係者)

萌えているといえば、アノ人たちもそう。マツコ・デラックスはCM発表会で、取材陣に「五郎丸さんはタイプ?」と聞かれ「そりゃもう!」と即答。東京・新宿二丁目界隈では"抱きたい""抱かれたい"有名人で、ブッチギリの1位になっているとか。彼らの人気の火をつけたとされるのが、五郎丸が自身のツイッターにあげた写真。

「カナダのトロントにCNタワーっていうのがあるワケ。すっごく長くて太くて。アレに似てるじゃない。五郎丸ちゃんが遠近法を利用して、そのタワーを掴(つか)んでるのよ。あたしのも、ぜひ掴んでっ!」(オネエ男性)

"カノジョ"らがどれだけ日本経済に影響を与えるかは微妙ながら、とにかく、至るところでブレイクしている五郎丸。さらに、彼のブレイクを一番喜んでいるのは、

「日本ラグビーフットボール協会の森喜朗名誉会長(元首相)その人かもしれません」(全国紙政治部記者)。

なにしろ、新国立競技場問題では批判の矢面に立たされた御仁。

「ラグビー人気でW杯会場を増改修する必要が出てきた」(協会関係者)だけに、「"ほら見ろ"と、密かにほくそ笑んでいるでしょうね」(政治部記者)とか。

となると、建設業界も沸き立つ。経済効果は500 0億円どころではない。五郎丸という珍しい名前は「五郎さんが拓いた土地」という意味を持つともいわれている。五郎丸は、その名の通り、新しい地平を切り拓く歩みのさなかなのだ。