自由を愛する自転車乗りのための、ナビ・ガジェット「BeeLine」

写真拡大

自転車乗りのためのナビガジェットは数多あるが、機能をシンプルに絞った「BeeLine」は、その発想が冴えている。「情報が少ないほど、人は自由になれる」というアイデアのもと、DIYコンピューター「Kano」などを生み出したデザイン・ディレクターがそのデザインを完成させた。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「自由を愛する自転車乗りのための、ナビ・ガジェット「BeeLine」」の写真・リンク付きの記事はこちら
02connecting-to-app-1024x768

2/6アプリ経由でGoogleマップと連携するが、実際に表示されるのは目的地を示す矢印と、目的地までの距離だけ。

03attatching-to-box-1024x768

3/6伸縮性のあるシリコンバンドでハンドルに取り付ける。

04variations-of-colour-1024x768

4/6内蔵されているのはジャイロスコープ、加速度センサー、磁気センサー、Bluetoothのチップとバッテリー。バックライト式。

05beeline-attached-to-keys-1024x768

5/6ハンドルから取り外して、キーホルダーに装着しておけば盗難の心配もいらない。

06bike-beeline-phone-1024x768

6/6情報が少ないからこそ自由が生まれる。BeeLineのアイデアの真髄は、そこにある。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01display-front-on-1024x768

自転車用ナビツール「BeeLine」は、自転車のハンドルに取り付ける。

02connecting-to-app-1024x768

アプリ経由でGoogleマップと連携するが、実際に表示されるのは目的地を示す矢印と、目的地までの距離だけ。

03attatching-to-box-1024x768

伸縮性のあるシリコンバンドでハンドルに取り付ける。

04variations-of-colour-1024x768

内蔵されているのはジャイロスコープ、加速度センサー、磁気センサー、Bluetoothのチップとバッテリー。バックライト式。

05beeline-attached-to-keys-1024x768

ハンドルから取り外して、キーホルダーに装着しておけば盗難の心配もいらない。

06bike-beeline-phone-1024x768

情報が少ないからこそ自由が生まれる。BeeLineのアイデアの真髄は、そこにある。

自転車向けのナヴィゲーション・デヴァイスは多数存在するが、そのほとんどが、ある機能を共通してもっている。それは「目的地までの経路を、次から次へと表示すること」だ。

BeeLine」は、正しい方向を指し示してくれるが、それ以上のことはしない。円形のガジェットは時計のようにも見えるが、つまるところ、コンパスだ。

BeeLineアプリは、Googleマップと連携する。アプリに目的地を入力すると、BeeLineのスクリーンに矢印が表示される。目的地までの距離も教えてくれる。ただしその距離は「直線距離」だし、ハンドルを左右に動かしたところで矢印は常に目的地を指し示したままだ。

BeeLineのチームは、自分たちのナヴィゲーションモデルを「ファジー・ナヴィゲーション」(fuzzy navigation)と呼んでいる。

Creative Consultancy MAPのデザイン・ディレクター、ジョン・マーシャルはこのデヴァイスを、彼曰く「普通の自転車乗り」たるサイクリストたちに向けてつくった。

「普通」のサイクリストとは、通勤や通学、街を走りちょっとした用事をこなすために自転車を使う都市生活者のことだ。こうしたサイクリストたちは、経路案内を必要とする機会はそれほど多くはないし、また、必要な場合があったとしても、自分が移動するエリアについてはある程度知っているはずだ。

お気に入りの道もあるかもしれないし、あるいはこれまでに使ったことのない道を好んで選択するかもしれない。いずれにしても、BeeLineのアイデアのベースとなるのは、「情報が少ないほど、人は自由になれる」という考え方だ。

TAG

BicycleCityDesignGadgetRecommendWIRED US

BeeLineの価格は60英ポンド(約90USドル)と設定されている。

「角を曲がるたびに表示が変更されるナヴィゲーションシステムを実現するデヴァイスは他にもあります。ぼくらは、それを意図的に避けました」と、BeeLineのデザインを主導したマーシャル氏はいう。彼は、かつて先割れスプーンの「トライテンシル」(Tritensil、下記画像ギャラリー)やDIYコンピューター「Kano」も手がけた人物だ。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 1

1/5

2

2/5

3

3/5

4

4/5

5

5/5

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 1

2

3

4

5

市場を見渡せば、彼が正しいことはすぐわかる。「Hammerhead」(日本語版記事)など、ハンドルに取り付けるナヴィゲーション・デヴァイスは、クラウドソーシングによるルート選択や防犯用のアラームといった機能を売り込んでいるが、マーシャルは、発案者であるマーク・ジェンナー、トム・パットナムとともに、BeeLineのインターフェイスからそれらのすべてを取り除いた。

BeeLineにあるのは、3つのセンサー(ジャイロスコープ、加速度計、磁力計)に、光沢ある1インチのEペーパースクリーンと、Bluetoothチップ、そしてバッテリーだけである。BeeLineは、「極めてシンプル」でなのだ。

これには、安全上のメリットもある。黒の​​背景に白の矢印以外のほとんどを表示しないことで、サイクリストは画面をチラッと見るだけで済むため、前方への注意​を失わずに済むのだ。

より哲学的に言うなら、このようなミニマリズムは、人間が再び自らの役割(Googleマップ指向の世界では失われてしまっているもの)を演じる機会を与えてくれる。「Googleマップは本当に素晴らしいですが、自転車に乗っているときには、地図ではわからないこともあります」とマーシャル氏は言う。「目の前に大規模な渋滞があるかもしれません。そんなときは、一か八かで道を曲がることもできます。よくあるナビを出し抜くこともできるのです」

伸縮性のあるシリコンバンドと、位置を固定するプラスチック・ベゼルでハンドルに取り付ける仕様になっているため、BeeLineの電源を落としたときは、キーホルダーに取り付けられる小さなケースにもなる。これは、BeeLineがどのような自転車も使用できるようにするためにマーシャル氏が考案したハードウェア・ソリューションだ。

TAG

BicycleCityDesignGadgetRecommendWIRED US