自宅マンションが「欠陥物件」だったときの対応…法廷闘争は住民が不利

ざっくり言うと

  • 自宅のマンションが「欠陥物件」だったときの対応策を専門家に聞いている
  • 法廷闘争は、住民側が立証責任を負わなければいけないため不利だと専門家
  • 勝利するには住民同士で結束し、管理組合を機能させることが重要だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング