大橋巨泉 がん手術で声を失う危険があったと衝撃告白

ざっくり言うと

  • 2日の「徹子の部屋」で大橋巨泉が、10月14日のがん手術後の姿を初披露する
  • 患部が声帯を動かす神経に近く、声を失う危険が伴う手術だったことも初告白
  • 「来いと言われればいつでも行く」「まだ生きています」と笑っていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング