色気の決め手は横顔と後ろ姿!思わず触れたくなる耳と背中のスペシャルケア

写真拡大

メイク中に鏡を見るとき、真正面の顔しかチェックしないという人は多いはず。でも色気専門家として活躍する真島あみさんは、「むしろ横顔やうつむいた顔を確認しましょう」と話す。

「他人が『この人、色気がある』と感じるのは、例えば、相手が下を向いたときや後ろを向いたときなど、実はその人と目が合っていないときなんです」(同)

目を見て話しているときには相手と話している内容に集中しているはず。でも、会話が途切れて、相手が自分から目線をそらしたタイミングには思わず相手を観察してしまうのでは? だからこそ、むしろ横顔などをしっかりチェックしておくべきとか。真島さんによると、特に気にすべきは「耳」だそう。

「髪をまとめて耳が出ているときはもちろん、話しているときや食事の前などに髪を耳にかけたときに、意外と耳は人の目にさらされています。至近距離になるとさらによく見えるので、デート前にはしっかりとお手入れしておくのがおすすめです」(同)

まずは溝や裏側まで指を使って丁寧に洗うことを心がけて。入浴後、顔に化粧水をつけるときに、耳にも少しつけて保湿をするとこれからの季節は乾燥を予防できてベター。産毛が濃い人は、耳たぶもチェックして、目立つ場合は産毛カッターで処理を。自分ではケアしにくいという人は、耳エステで専門家に任せて。

また、意外と他人の視線を集めているのが、背中。トップスのデザインで少し見えるだけで、注目されやすいとか。

「背中は皮脂の分泌が盛んな毛穴が多く、皮脂や汚れ、古い角質が毛穴に詰まって角栓ができやすい部位です。特に毛穴が多い背中の上側は洋服を着ていても見えやすいので、角栓が気になる場合はケアをしましょう」(同)

背中のスペシャルケアをするのなら、ミネラル分を豊富に含んだクレイパックを。吸着作用で背中にたまった古い角質や皮脂を取り除き、くすみをとって肌に透明感を生むことができるそう。週1回程度、バスタイムで全身をよく洗ったあとに取り入れて。どこから見られても魅力的なボディになろう!

真島あみ
ビューティセラピスト、ハーブセラピスト。リラクゼーションサロンでフェイシャル&ボディケア、メイク指導、カウンセリングを担当するほか、恋愛・婚活セミナーの講師も務める。著書に『思わず二度見される色気美人になれる本』(東邦出版)、『なぜか惹かれる、色気の理由』(星雲者)がある。