投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が11月2日〜11月6日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 今週のドル・円は堅調推移か。米連邦準備制度理事会(FRB)は10月27-28日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で利上げは見送ったが、次回12月15-16日のFOMC会合で利上げの可否を判断すると表明した。これにより、年内利上げへの期待が再び高まっており、欧州、中国、日本など主要国が緩和スタンスを強めるなかでドル買いが本格化しそうだ。

 12月の利上げ開始に向けて、米国の経済指標や金融当局者の発言に対して、市場は敏感に反応する展開が予想される。米10月雇用統計が年内利上げを後押しする内容であれば、ドル・円は年末にかけて125円台を目指す展開となりそうだ。

【10月米ISM製造業・非製造業景況指数】(2日、4日)
 ISM製造業景況指数(2日)は前回50.2から50.0、ISM非製造業景況指数(4日)は56.9から56.5と、いずれも悪化が見込まれている。9月の米雇用統計が想定外に低水準だったことから、米国経済の減速懸念も警戒され始めた。このため、市場は景況感を示す経済指標を注意深く点検するもようだ。

【10月米雇用統計】(6日)
 非農業部門雇用者数について、9月分が14.2万人と、雇用の持続的な回復の目安とされる20万人を大きく下回る想定外の落ち込みを示したことから、どの程度上方修正されるか注目される。10月分の市場コンセンサスは18.0万人で、同様に20万人を割り込む見通し。予想を上回った場合には、年内利上げを後押しする大きな手掛かりとなろう。

 11月2日-6日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)10月ISM製造業景況指数 2日(月)日本時間3日午前0時発表予定
・予想は、50.0
 参考となる9月実績は50.2で3カ月連続の低下。製造業の景況感は改善していない。新規受注、生産、雇用指数は低下した。10月については、生産と新規受注の伸びが期待できないことから、50をやや下回る可能性がある。

○(米)10月ADP雇用統計 4日(水)午後10時15分発表予定
・予想は、前月比+18.0万人
 参考となる9月実績は前月比+20.0万人で市場予想を上回った。10月については製造業と鉱業の雇用者数が伸び悩んでいることから、9月実績をやや下回る雇用増にとどまる可能性がある。市場予想は妥当な水準か。

○(米)9月貿易収支 4日(水)午後10時30分発表予定
・予想は-445億ドル
 参考となる9月分の財の貿易収支速報は、-586.33億ドルで8月実績の-666億ドルから縮小した。サービス収支の黒字額は8月実績を多少下回る見込みだが、財とサービスの貿易赤字額は8月実績の483.3億ドルを下回る可能性が高いとみられる。

○(米)10月雇用統計 6日(金)午後10時30分発表予定
・予想は、非農業部門雇用者数は+18.0万人、失業率は5.1%
 参考となる9月の非農業部門雇用者数は前月比+14.2万人、失業率は5.1%だった。10月については製造業、鉱業部門の雇用増はあまり期待できないが、小売業などで雇用の増加が見込まれており、雇用者数は9月実績をやや上回る可能性がある。失業率については、労働時間の推移を参考にすると9月と同じ5.1%となる見込み。

○日米の主な経済指標の発表予定は、4日(水):(米)9月製造業受注、10月ISM非製造業景況指数

【予想レンジ】
・米ドル/円:119.50円-123.50円