箱根駅伝に暗雲(日体大駅伝特設サイトより)

写真拡大

 10月17日の箱根駅伝予選会で3位に食い込み、68回連続となる箱根出場を決めた日体大・渡辺正昭監督はこう意気込みを語った。

「ひとりひとりがチームプレーに徹して走ってくれました。本戦が楽しみです」

 優勝10回という輝かしい実績を刻む日体大。2013年には予選会から即優勝という快挙を成したが、今回もその再現を目指す。だが、渡辺監督が口にした「チームプレー」を巡っては内紛劇が起こっていた。2013年に1年生ながら優勝メンバーに名を連ねたエースの山中秀仁選手(4年)が予選会直前に退部していたのだ。スポーツライターの酒井政人氏が語る。

「山中選手は昨シーズンに股関節と左ふくらはぎを故障して以降、調整に手間取っていた。学校側は、この故障を理由に“大学駅伝からは早期引退”と発表した」

 ところが、引退の本当の理由は違った。山中選手は9月22日、自身のツイッターでこうつぶやいていたのだ(現在は削除されている)。

〈本日をもって日体大駅伝部を引退という形で去ることにしました!理由は監督のやり方について理解できなくなくてついて行く事ができませんでした!〉

 渡辺監督と山中選手の確執の始まりは今年3月。今年の箱根駅伝で日体大は15位と惨敗しシード落ち。その責任を取る形で別府健至監督が退任し、その後任に招聘されたのが日体大駅伝部OBの渡辺監督だった。

 渡辺監督は駅伝界では“名物指導者”として知られる。1993年に愛知・豊川工業の監督に就任すると、無名だった同校を14年間連続で全国高校駅伝出場に導いた。だが、2013年1月、部員に平手打ちなどの体罰を繰り返していたことが発覚。これにより停職4か月の懲戒処分を受け、翌年には同校監督を退いた。

「山中選手ら昨季までの中心メンバーの多くは、別府前監督を慕っていたため、就任時には“体罰監督なんて嫌だ”と反発が起きた。大学側は“再発の恐れはない”と説明したが、一部の選手は納得していなかったようです」(スポーツ紙記者)

◆夏合宿をボイコット

 就任早々、渡辺監督は豊川高校時代の教え子であるキャプテン・奥野翔弥選手(4年)を中心としたチーム作りに着手した。

「夏には1か月半の長期合宿を行なったり、2013年の優勝の原動力と言われたトレーニング法『BCT(ベース・コントロール・トレーニング)』を廃止したりと、渡辺監督は独自色を打ち出した」(同前)

 別府前監督は選手の自主性を重んじ、選手とコミュニケーションを取りながらチームの結束を図るタイプだが、渡辺監督は真逆だ。

「渡辺監督は挨拶の作法から洗濯物のたたみ方まで口を出す管理型。実績のある選手にフォーム改造を求めることもあります。そして自分の指導法を受け入れる選手を重用するようになったそうです。そうした指導法に山中選手は納得がいかなかったみたいですね。昨シーズンをケガで棒に振った彼は今年5月の関東インカレ10000mで優勝を飾るなど、復調をアピールしていたからなおさらです」(同前)

 深まる監督とエースの溝。そして数か月後に決裂は避けられない事態となった。

「反発を始めた山中選手が夏合宿をボイコットし、それを見た渡辺監督は彼をレギュラーから外した。これが原因で山中選手は、チームを飛び出したんです。チームメートが彼を諫めたんですが、抑えきれなかった」(同前)

 事態は山中選手の退部だけでは収まらず、主力選手やコーチも後を追うようにチームを去った。確執について日体大広報に話を聞いた。

「山中選手の退部については本人が決めたことなので、お話しすることはありません。監督との確執もないと考えています。とにかく今のチーム力を最大限活かして戦うだけです」

 一方で主力選手を失いながらも予選会を突破した渡辺監督の評価は高まった。

「豊川工での実績から注目される指導者であることは間違いない。体罰問題で辞めた後も、渡辺監督を追って豊川工の選手が大量転校するなど、彼を慕う選手は少なくない」(前出・酒井氏)

※週刊ポスト2015年11月13日号