<CIMBクラシック 最終日◇1日◇クアラルンプールG&CC(7,130ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー『CIMBクラシック』は全日程が終了。最終日を首位と3打差の17アンダーで迎えた松山英樹は、この日5バーディ・ノーボギーの“67”でラウンド、トータル22アンダーまで伸ばしたが、上位陣も伸ばしたため5位で終戦となった。
 追い上げるべくスタートした松山。すると2番で早速バーディを奪取。続く4番、5番では連続バーディを奪い一気に20アンダーに載せた。この勢いで伸ばしていきたかった松山だったが、その後前半は伸ばせず20アンダーのまま折り返した。後半では出だし10番でバーディ。14番でも伸ばし22アンダーに。しかし終盤伸ばせずそのまま22アンダーでホールアウトとなった。
 また、この日トップスタートした石川遼は“69”をマークしトータル10アンダーでフィニッシュ。35位タイで大会を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>