2位に3打差をつけて後半へ入った首位の渡邉彩香(撮影:ALBA)

写真拡大

<樋口久子 Pontaレディス 最終日◇1日◇武蔵丘ゴルフコース(6,605ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー『樋口久子 Pontaレディス』の最終日。全選手がハーフターンを終え、渡邉彩香が前半を5バーディ・1ボギーで回りトータル9アンダー、単独首位で後半へ入った。
会場からお届け!最終日の模様はライブフォトで
 また、渡邉と並び首位でスタートしたアマチュアの畑岡奈紗は2バーディ・1ボギーで1つ伸ばし6アンダー、茂木宏美、鈴木愛と並び2位グループを形成している。続くトータル5アンダー5位には藤本麻子。トータル4アンダー6位タイには酒井美紀、葭葉ルミの2人がつける。さらに大山志保、藤田光里、馬場ゆかり、永峰咲希がトータル3アンダー8位タイとした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>