2位に3打差をつけ単独首位で後半へ入ったリュー(撮影:ALBA)

写真拡大

<マイナビABCチャンピオンシップ 最終日◇1日◇ABCゴルフ倶楽部(7,130ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー『マイナビABCチャンピオンシップ』の最終日。全選手がハーフターンを終え、首位スタートのH・W・リュー(韓国)が前半2バーディ・1ボギーでトータル11アンダーに伸ばし、単独首位で後半へ入った。
国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 
 2打差のトータル9アンダー2位に同じく首位からスタートしたキム・キョンテ(韓国)。続くトータル8アンダー3位タイには宮本勝昌、ジャン・ドンキュ(韓国)の2人がつける。さらにトータル7アンダー6位タイには谷口徹、W・J・リー(オーストラリア)が並ぶ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>