お腹が痛い、経血が多いなど毎月生理が重くて悩んでいる女性は少なくありません。生理痛があまりにひどかったり、経血が多過ぎたりするのは体質や年齢のせいもありますが、怖い病気が隠れていることもあるので注意しましょう。

経血量がどんどん増えていくのは危ない?!

生理の経血とは妊娠に向けて厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちたもの。その時の体調によって多少の変動があるのは問題ありませんが、生理のたびに経血の量が増えるのは子宮内膜症の恐れがあるので注意が必要です。子宮内膜症とは子宮の中以外の場所(卵管、卵巣、腸などの腹腔内)に子宮内膜かそれに似た組織が発生し、女性ホルモンの影響で増殖してしまうもの。生理の際には子宮と同じように内膜が剥がれて出血します。卵巣内で増殖すると、卵巣内にチョコレート状になった血液が溜まって大きく膨れるチョコレート嚢胞が形成されます。卵巣や卵管に形成された場合、不妊の原因になる場合も多く、また妊娠を希望していない女性であっても、会社や学校に行くことが困難なほど生理が重い(月経困難症)ことがあるため早期の治療をおすすめします。

良性でも放っておけない子宮筋腫

子宮筋腫は子宮筋層内の成分から発生し、女性ホルモンの働きによって発育する良性腫瘍で、30歳以上の女性の20〜30%に発生すると推測される病気です。最近は20代の女性にもみられ、非常に小さな筋腫から数十センチに達する筋腫が子宮体部や子宮頚部に1個から数個できます。筋腫ができると、その部分の子宮内膜が薄くなり、うっ血、壊死、潰瘍などが生じて生理の出血量が増えます。筋腫による子宮のねじれや変形により生理時の腹痛や腰痛が起こるため、月経困難症と区別がつかないこともあるようです。あまりに放置し筋腫が大きくなると、子宮や腹腔内を圧迫して排尿障害や不妊症、早産の原因になることもあるため、早期に発見し成長させないように経過観察を続けると同時に、対策を講じる必要が生じます。

いずれも女性ならではの悩み、早めの婦人科受診を

婦人科を受診するのは、恥ずかしいとためらわれがちですが、女性としての一生を左右する病気が潜んでいることもあるのです。生理がつらいと思ったら是非受診してください。諸々の症状は投薬だけで良くなる場合もありますし、漢方などが処方されることもあります。また生理中の過ごし方を教えてもらえるだけで改善に向かうこともありますよ。ブルーデーがハッピーデーになるよう、工夫していきましょうね。


writer:しゃけごはん