30日、茨城県常総市で中国籍の2人が逮捕されたことに、中国ネットユーザーの注目が集まっている。写真は豪雨被害。

写真拡大

2015年10月30日、茨城県常総市で中国籍の2人が逮捕されたことに、中国ネットユーザーの注目が集まっている。

【その他の写真】

日本メディアの報道によると、豪雨で被災した常総市の民家から銅線などを盗んだとして、東京都足立区在住の中国籍・姫升花(ジー・ションホア)、李忠煥(リー・ジョンホアン)容疑者が逮捕された。取り調べに対し、「豪雨被害で金属などの廃品がたくさん出ると思った。窃盗になるとは思わなかった」などと供述しているという。2人は79歳の男性宅の敷地内で銅線など1万5000円相当を盗もうとして通報された。

このニュースは中国メディアでも報じられ、記事ページには5000件に迫るコメントが寄せられている。ネットユーザーからは、「中国ではこの程度では通報しない。したところで、警官に叱られて終わり」「中国の恥さらしだ。戻ってくるな」「名前からすると朝鮮系だろう」「2人の中国籍をはく奪してくれ」「日本を甘く見るな。道端に物を捨てないどころか、夜でも家の戸に鍵をかけない」「日本では銅線なんて売れないんじゃない?」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/北田)