YouTubeは、ほんとうに金を払うべき相手なのか?

写真拡大

YouTubeが新たにスタートさせたサブスクリプションサーヴィス「YouTube Red」は、サーヴィスそのものは、「そう悪くはない」という印象だ。

「YouTubeは、ほんとうに金を払うべき相手なのか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

10月28日(現地時間)にアメリカで開始した「YouTube Red」は、実際に発表される前からウワサされてはいた。実際に始まってみて、この新しいプレミアムな話は、思ったほど悪いものでもなさそうだ。[訳註:YouTube Redは日本でのサーヴィスはまだ開始されていない]

1カ月あたり9.99ドルで、広告なしでYouTube動画を観られて、オフライン閲覧も可能で、どのスマートフォン、タブレットでもバックグラウンド再生ができる。

YouTube Redメンバーシップは、彼らが最近リリースしたゲームストリーミングサーヴィス「YouTube Gaming」についても機能する。サーヴィスローンチにあたって、同社幹部は、RedがGoogle Playのサブスクリプションサーヴィス(これも、10ドルに設定されている)に代わるものになりうると言明している。また、同じくUS版『WIRED』に対して、新たに追加されるポッドキャスト機能もRedのサーヴィスのひとつになると伝えた。

もちろんYouTubeは、いままで何年もタダでコンテンツを消費してきた10億以上のユーザーを納得させなくてはならないわけで、それは紆余曲折の道のりとなるだろう。彼らはそのためにまず1カ月のフリートライアルを用意している。ユーザーは、まずは試してみればいい。ドレイクの「Hotline Bling」にせよアデルの「Hello」にせよ、広告なしのノンストップで。あるいはオフラインで。

TAG

SubscriptionWIRED USYouTube