今やハロウィンを楽しむ主役は、子どもから大人に移りつつある

写真拡大

子どもそっちのけ
「大人の仮装大会」の熱狂

 仮装した子どもが「トリック・オア・トリート」と言ってよその家を回り、おかしをねだる欧米のお祭り。おそらく数年前までは、そんな認識の人が大部分であっただろうハロウィンだが、ここのところ日本独自の広がり方を見せている。

 日本経済新聞では昨年、「ハロウィーン市場、バレンタイン超えた?」(2014年10月17日)と報道。1000億円以上の経済効果を誇るバレンタインに、ハロウィンが肉薄している状況を伝えた。そして今年(2015年)、日本記念日協会はハロウィンの市場規模は1220億円に上ると推計を発表した。同協会は、2011年の推計市場規模を560億円と発表しており、これをなぞるならわずか4年で市場は2倍以上に拡大したことになる。

 街なかを歩くと、確かにハロウィン関連の装飾をした店が目につくし、ハロウィン前後に開催するイベントのお知らせも飛び交っている。仮装して来店すると割引でサービスを受けられたり、記念品をもらえる店があれば、参加条件が「仮装していること」というイベントもある。ここ数年は渋谷のスクランブル交差点やセンター街、あるいは大阪のアメリカ村などでの夜を徹した大騒ぎがニュースになり、そういったエリアでは10月31日の本番を前に、フライングして仮装に興じる人々も散見され、そういった仮装グッズも、経済効果の一翼を確実に担っている。

 フライングといえば、10月13日に熊本県熊本市で騒ぎがあった。午後7時頃、「マスクをかぶり、チェーンソーを持った人が歩いている」と通報があり、警察が出動した。大惨事を予感させる光景だが、実はチェーンソーはおもちゃで、本人は職場で人を驚かせるために仮装し、そのままの格好で帰宅する途中だった。ハロウィン当日であっても、チェーンソーを持っていれば通報された可能性は高いだろうが、ちょっとはしゃぎすぎではないだろうか。そんなに早くからハロウィンを祝いたかったのか。

 各地の町内会では子ども主体の、つまり家々を訪問して回る子どもにおかしをあげる、古式ゆかしいハロウィンのために、大人たちが根回しをして、地域住民の理解を求めるというところもあるようだが、そちらがメディアに取り上げられることはほとんどない。日本のハロウィンは、子どもそっちのけの大仮装大会として定着しつつあるように感じられる。普段、よほど抑圧されているのか、それともお祭り騒ぎの血が騒ぐのか。人々はハロウィンをどう捉えているのだろう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)