今年のテーマは“JAPAN”。11月3日(火・祝)まで「GINZA FASHION WEEK」を開催

写真拡大

世界のGINZAからファッションで日本を元気にする、を合言葉に2011年から行われている「GINZA FASHION WEEK」(以降GFW)。今年は“JAPAN”をテーマに、10月21日(水)〜11月3日(火・祝)の期間中、松屋銀座、銀座三越、プランタン銀座、銀座・和光でそれぞれイベントを展開。◆ショッピングの聖地「銀座」を代表する4施設のテーマは?


“JAPAN POWER”をテーマに、日本の技が光る素材や日本人デザイナー、日本のものづくり文化に注目したのが「松屋銀座」。なかでもレディースは、冬の季節に映える洗練された白いファッションアイテムをラインナップ。ニットワンピースやコート、帽子など、どんなファッションでも取り入れやすい白いアイテムは長く使える上質なものを揃えると重宝しそう。さらに、10月31日(土)の10:00〜17:00の間にハロウィンモチーフの仮装をしてハロウィンブースへいくと、お菓子がもらえるチャンスも。


「銀座三越」の独自のテーマは“JAPAN SENSES”。自然と共生する生活文化、丁寧で繊細なものづくり文化を“和と美”の観点から提案している。たとえば、俳優の井浦新さんが「用の美」をテーマに見立てた茶道具や、美しいパターンと上質な素材にこだわるブランドと東北の繊維メーカーがコラボしたプルオーバー、白磁と明るい色のコントラストがモダンな深川製磁のコレクションなど、ライフスタイルを格上げしてくれるおしゃれでハイクオリティなアイテムが目白押し。


“Made in Japan”に着目した「プランタン銀座」は、日本製ならではの着心地のいい洋服をおしゃれに着こなす“上級レディスタイル”を提案。働く女性から多くの支持を集めるブランド「LANVIN en Bleu」からは、上質でトレンド感のあるチェスターコートやワンピースがお目見え。伝統とトレンド、ファッション性で定評のある「神戸シューズフェア」も開催中。さらに、モンブラン専門店「アンジェリーナ」の柚子モンブランなど、秋を感じることができる“和のスイーツ”も見逃せない♪


こだわりの商品を手に入れることができるのは、GFW初参加となる「銀座・和光」。「Wako WaのWaza(和光 和の技)」をテーマに、日本の風土とすぐれた技術が生み出す上質な素材や、伝統と進化が融合するデザインのアイテムを紹介。気鋭のシューズデザイナー串野真也さんと京都の西陣織の老舗「細尾」とのコラボレーションバッグは、まさに和の素材とモダンなデザインが融合した美しいアイテム。和光を代表するワンハンドルのハンドバッグ「Sac de Temps(時のバッグ)」にも新しい素材の品が登場。和光アネックスでは、栗を使ったスイーツが楽しめるマロンフェアを10月31日(土)まで開催。