『血まみれスケバンチェーンソー』ポスタービジュアル (C) 2016三家本礼・KADOKAWA刊/VAP

写真拡大

内田理央がセーラー服にふんどし姿でチェーンソー振り回す主人公を演じた『血まみれスケバンチェーンソー』。この映画のポスタービジュアルが解禁となった。

内田理央がセーラー服にふんどし姿でチェーンソー振り回すゾンビ映画!

本作は、解体屋の娘に生まれた内田扮する主人公・鋸村ギーコが、自前のチェーンソー でバッタバッタと迫りくる改造人間と戦う痛快アクションムービーだ。解禁となったポスタービジュアルでは、セーラー服姿でチェンソーを抱え仁王立ちとなっている鋸村ギーコを中心に、超個性的なキャラたちが脇を固める構図になっている。

また今回、新たに舞台でも活躍する個性派俳優・玉城裕規が、学校中からからかわれ、日々忍んで活動していた忍者部部長・笹山香織(♀)役を演じることも発表された。ある日、碧井ネロ(山地まり)によって改造され、怨憎(♂)に生まれ変わってギーコの前に立ちはだかるといった設定だ。

山口ヒロキ監督は玉城について、「玉城くんとは別作品で何度もご一緒させてもらっていて、普段から本当に美人だなと思っていたので、今回なんの悪戯か女装姿を撮ることができて、思い出深い現場になりました(笑)。原作では登場後すぐに死んでしまう怨憎ですが、玉城くんが演じてくれたことによって、とても魅力的なキャラに生まれ変わってます」とコメント。

玉城は「怨憎役を演じさせていただいた玉城裕規です。今回は人生初、いや…今後あるか分からない女学生役もやらさせてもらってます。そこの部分はですね、皆様の広い心、温かい目で見ていただけたら嬉しいです。タイトル通りパンチが効いてる作品になっておりますので、余すことなく楽しんでもらえたらと思います」と述べている。

『血まみれスケバンチェーンソー』は2016年に公開となる。

山地まりが金髪・スクール水着姿で、内田理央扮する主人公の宿敵ネロ役に!
セーラー服姿の内田理央、今度は股間に巨大チェーンソー抱え込む!
[動画]映画『血まみれスケバンチェーンソー』特報
森下悠里が初ふんどし! セクシー美女4人がくノ一映画をアピール