Doctors Me(ドクターズミー)- 喫煙や運動不足が悪化の原因に!? 10の質問で生理痛をヒドくする生活習慣をチェック!

写真拡大

月に一度やってくる生理。そして個人差はありますが、日常生活に支障がでるほどの症状が出てしまう場合もある「生理痛」。実はこれ、あなたの日常生活の中のある行動が、症状を悪化させている場合があるのです。まずはチェックをしながら普段の生活習慣を見直してみましょう。

下記の10問中、いくつ当てはまるのかをチェックしてみましょう!

チェックスタート!

□ 常にダイエットを心がけている
□ タバコを吸う
□ 睡眠時間が不規則だ
□ きまった運動はしていない
□ 生理がくるのが恐怖だ
□ 仕事が忙しい
□ 細かいことを気にしてしまいがちだ
□ ストレスを感じやすい
□ デスクワークなど座りがちである
□ コーヒーをよく飲む

いくつ当てはまったでしょうか?
気になる結果は…

当てはまった数が「0〜1個」


いまのところは大丈夫そうです!
あなたの生活習慣には、生理痛を起こす原因が少ないようです。生理痛を強く感じるようであれば、身体の機能的な問題があることがありますので、婦人科を受診しましょう。今後の日常生活に気を付けながら、現在の状況が保てるようにしたいものですね。

当てはまった数が「2〜7個」


イエローカード! その習慣、危ないです!
生理痛を引き起こす生活習慣が見られます。あなたの生活は、生理痛のつらい症状を非常に引き起こしやすいといえます。

・体を冷やしたり、喫煙はしたりすることで血行が悪くすること
・ストレスが多かったり、生理に対して嫌悪感などを持っている

そんな生活習慣を続けていると、どんどん生理痛はひどくなるかもしれません。
(コーヒーに含まれるカフェインは身体を冷やすので、飲みすぎないようにしましょう。)

血行を促すために適度な運動をしたり、お風呂に浸かったりしましょう。睡眠もしっかりとるようにし、バランスのとれた食生活など規則正しく過ごすようできるといいですね。ストレスを発散し、ゆったりとした気持ちで過ごすことも大切です。

当てはまった数が「8個以上の人」


レッドカード! いますぐ生活を見直して!
生理痛を和らげたいなら、いますぐ生活習慣の見直しをしてください! あなたの生活は、生理痛のつらい症状を非常に引き起こしやすいといえます。この生活習慣を続けていると、どんどん生理痛はひどくなるかもしれません。

身体を動かしたり、お風呂に浸かったり血行を促すように努めて、ストレスから解放される時間を作るようにしましょう。また、生理痛の症状がつらい時は思わぬ病気が潜んでいることもあります。痛みやつらさに耐えるだけでなく、婦人科を受診することも大切です。

いかがでしたか?
生理痛に影響を与えている可能性がある生活習慣はありましたでしょうか?あまりにも症状がヒドい場合は、機能的に問題があることもあるので、婦人科を受診しましょう。