リオ五輪予選への「最終選考」で得た手応え…生き残りアピールに成功したのは?

写真拡大

 来年1月のリオデジャネイロ・オリンピック アジア最終予選に向けた「最終選考の場」と位置付けられた10月25日から29日までのU−22日本代表候補のトレーニングキャンプ最終日――。サガン鳥栖との練習試合は「これまで取れていなかったぶん、帳尻を合わせたような」と手倉森誠監督も表情を緩ませるゴールラッシュとなった。

 原川力(京都サンガF.C.)のCKに2度合わせた奈良竜樹(FC東京)の2ゴールを皮切りに、中島翔哉(FC東京)のPK、相手DFのミスを逃さなかった浅野拓磨(サンフレッチェ広島)の2ゴール、野津田岳人(広島)の30メートル級のミドルシュート、そして最後は鎌田大地(鳥栖)が所属クラブのゴールに容赦なくボールを蹴り込み、大量7ゴールを奪ってみせた。

 7月1日のコスタリカとの親善試合(仙台)に2─0と完勝して以降、8月に行われた京都との練習試合(1−2)、9月にJリーグ・アンダー22選抜として臨んだFC町田ゼルビアとのJ3リーグ戦(0−1)、27日の福岡大との練習試合(0−0)で結果を残せていなかったこともあり、この大量得点が「焦りがあった」(浅野)、「責任を感じていた」(野津田)といったモヤモヤした気持ちを晴らしてくれたのは間違いない。

 だが、手倉森監督の視線は、別の方向へと向けられていた。

 試合後、7−0という結果について感想を求められた指揮官は「7点取ったのはすごいけど」と前置きした上で、「失点が少なくなってきていることに手応えを感じている」と胸を張り、さらにこう続けた。

「選手たちは派手に勝ちたいとは絶対に思っていないし、俺も思っていない」

 失点をなくす――。派手に勝つつもりはない――。

 その言葉には、指揮官が何を大事にしてチーム作りを進めてきたのかが示されていた。ベガルタ仙台で指揮を取っていた時代を振り返れば分かるように、守備から着手する手堅いチーム作りは指揮官のスタイルではあるが、一方で、最終予選の方式を意識してのものでもある。

 これまでホーム&アウェー方式による総当たりのリーグ戦で行われてきた五輪のアジア最終予選は、今回からセントラル方式によるトーナメント戦に変更された。

 アジアに与えられた出場枠はわずか3つ。グループステージ突破は大前提として、ベスト8と3位決定戦は「勝てば天国、負ければ地獄」の大一番となる。これまでに経験したことのないプレッシャーに苛まれることにもなるだろう。しかも開催地は中東、カタールのドーハである。気候もピッチ状態も慣れ親しんだものとは大きく異なる。そうした状況において、自分たちの強みを出せない時にどうするか、相手が嫌らしいことをしてきた時にどう対処するか、重圧の懸かったゲームで膠着した時にどう打開するか――。

 様々な状況を想定した手倉森監督は、チーム結成当初から「守備の意識を高める」ことに重点を置き、「柔軟性と割り切り」を重要なコンセプトとして掲げてきた。もちろん、その背景には4大会連続してベスト8で敗退する勝負弱さを露呈し、世界への切符を逃し続けているU−19アジア選手権や、自分たちのサッカーに固執して惨敗に終わったブラジル・ワールドカップの反省もある。その点で言えば、来るべき最終予選に向けて、より有意義なテストマッチとなったのは、鳥栖戦よりも福岡大戦のほうだったかもしれない。

 福岡大との練習試合は“対アジア”を明確に意識して組まれたものだった。あらかじめ福岡大サイドにロングボールを多用し、遠慮なくガツガツ来てくれることを依頼。実際に福岡大が長身FWへロングボールを放り込んでくれたことで、ピッチ上では激しい肉弾戦が繰り広げられた。

 さらに、試合当日は大雨に見舞われた。ゲームが始まってすぐに止んだものの、ピッチの至るところに水たまりが生じ、ゲームコントロールが難しい状態でもあった。それでも守備陣は、前半の岩波拓也(ヴィッセル神戸)&奈良、後半の中谷進之介&秋野央樹(ともに柏レイソル)のセンターバックコンビを中心に福岡大の攻撃を跳ね返し、喜田拓也(横浜F・マリノス)や三竿健斗(東京ヴェルディ)らボランチ陣がこぼれ球をよく回収し、攻撃へとつなげた。