幼い頃に胸を躍らせて誰もが読んだ『ピーター・パン』。その誕生秘話を描いたファンタジー超大作『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』がいよいよ公開されます。


(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作でヒール役の海賊・黒ひげを演じたヒュー・ジャックマンさんが来日したので、直撃してまいりました!

 

Q:来日してくださってとても嬉しいです!今回の役は近年のヒーローイメージとは全く違いましたが、悪役のどこに惹かれたんですか?

ヒュー・ジャックマン(以下、ヒュー):最初に見るのは脚本なんだけど、何より映画というのは監督が決め手だと思う。ジョー・ライトが監督だったから決めたよ。監督がきちんとビジョンを持っているということを理解するのが大事なんだ、特に『PAN』のような大規模な大作はね。でも、ジョーがもし僕に他の役を演じろと言っても引き受けたとは思うけどね。

 

Q:フック船長役(ギャレット・ヘドランド)でも引き受けました?

ヒュー:とっても嬉しいけど、お世辞を言っているんでしょ(笑)。(フック船長を)演じるには、僕は年をとりすぎてると思う(笑)。

 

Q:あなたが登場するシーンの、ニルヴァーナの楽曲を歌い上げるシーンがとても印象的でした。

ヒュー:あの曲は、実は脚本にはなかったんだよ。

 

Q:えっ!

ヒュー:撮影前に1週間、海賊役だけで合宿に行ったんだ。そこで毎朝歌ってた。なぜなら、海賊は歌って、酒を飲んで、また歌って、喧嘩するものだからね(笑)。そうしたら、3日目にジョーがニルヴァーナの曲を持ってきたんだ。もちろん、みんなも盛り上がってジャンプし始めて。そこでインスピレーションが起きて、『これを登場シーンに使う』とジョーが言ったんだよ。

 

Q:本当に監督と信頼し合っているんですね。いい関係ですね。

ヒュー:この5〜10年くらいは、ずっと監督で作品を選んでいたんだ。今回のジョーもそうだし、クリストファー・ノーラン(『ダークナイト』)、バズ・ラーマン(『ムーラン・ルージュ』)など、ドラマ作りのうまい監督と今後も一緒にやっていきたいよ。


(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

Q:『PAN』は大人も子どもも楽しめる作品ですが、子どもたちへの想いをいつも感じているのですか?

ヒュー:映画にもよるけど、この作品は子どもたちが観て、友だちにも話したくなる映画なんだ。ジョーは、大人が楽しめて、かつ子どもも楽しめる映画を作ろうとしていた。子どもたちはピュアな冒険を求めていて、ピーターに共感して、とにかく応援する。大人には、もう一度子どもに戻りたい気持ちを思い起こして、毎日退屈な時間を過ごしてシニカルになりがちな部分を忘れさせてくれる。ジェームズ・バリーも原作で同じことを伝えたかったんだと思うよ。

 

Q:あなたが演じる黒ひげは永遠の若さを追い求めていましたが、共感できます?

ヒュー:もちろん!なんてね(笑)、それはないかな。僕はまもなく47歳になるんだけど(取材時の2週間後が誕生日だった)、今のところ、年を重ねるにつれてハッピーになっている気がするんだよね。だから、まだ年をとることについてネガティブにはなっていないよ。

 

Q:では、あなたが今追い求めているものは何ですか?

ヒュー:バランスかな。僕は俳優としてもチャンスがあって、とてもラッキーだと思う。なので、自分が求めるものといえば、子どもたちや妻、家族、両親、そして仕事との時間のバランスだ。僕は子どものころからいつも予定を詰め込みすぎていたんだ。5人兄姉の一番下で育ったから、自分にはできないことを兄や姉たちがやっているのを見て、いつも「僕もやりたい、僕もやりたい」って思っていた。その性格が今でも続いていて、ついつい欲張ってしまう。

 

Q:欲張るのはよくないことなんでしょうか?

ヒュー:アメリカでは、“FOMO”、“Fear of Missing Out(訳:取り残される恐怖)”というんだけどね。エネルギーはもちろんあるけれど、今やっていることが正しく、やるべきことだと思うのが大事だと思っているよ。


(C)2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画『PAN 〜ネバーランド、夢のはじまり〜』は10月31日(土)より全国ロードショー。
配給:ワーナー・ブラザース映画

【関連記事】

※故・森田監督の想いを胸に松ケン「景子ちゃんと松山で映画を撮る」夢が叶い満面の笑み

※こじはる「ダンスができて、ガタイもいいし、素敵」イケメンパフォーマーに頬を赤らめる

※イェソン、ドンヘとのツーショット写真を公開