学生三大駅伝の初戦、10月12日の出雲駅伝は青山学院大の圧勝だった。11月1日には早くも2戦目の全日本大学駅伝が行なわれるが、まずはその"位置づけ"について説明したい。

 全日本大学駅伝は「全国大会」のため、本来ならば関東ローカルの箱根駅伝よりも大会の価値は上になる。しかし、関係者の感覚はまったく違う。出雲と全日本の2冠を達成するよりも、箱根で総合優勝したほうが喜びが大きくなるくらいプライオリティが高いのだ。その理由は、箱根が最も伝統があり注目度も高い大会であることと、学生三大駅伝のフィナーレを飾ることにある。

 そのため、全日本は箱根の"前哨戦"という意味合いが強い。名古屋から伊勢へと向かう全8区間の距離は次の通りだ。1区14.6km、2区13.2km、3区9.5km、4区14.0km、5区11.6km、6区12.3km、7区11.9km、8区19.7km。全長106.8kmで、箱根の217.1km(10区間)と比べて、ひとり当たりの距離は短くなっている。

 全日本に出場するチームの状態も100%ではない。個々のコンディションは箱根ほど仕上がっておらず、最終決戦に向けて選手を"試す"という要素も含まれている。区間の適性についてもテストしており、例えば、全日本で1区を任せる選手は箱根でもスターター候補だが、全日本で失敗した場合は箱根で他の区間に回ることが多い。また、各大学の指揮官たちは全日本でライバル校の区間配置とその走りを見て、箱根での戦略を練ることになる。

 箱根を見据えて全日本を戦う大学が多いなか、青山学院大は現時点での「ベストメンバー」で臨む。出雲は故障で出遅れていたエースの神野大地を外したが、全日本のエントリーには入れてきた。8月上旬から練習を再開した神野がどこまで回復しているのか、全日本の起用区間で見えてくる。主要区間(1、2、4、8区)を任せられる状態なら、箱根本番でも爆走が期待できるだろう。反対に、他の区間を走ったりメンバーから外れたりするようだと、今年の箱根5区で見せたほどの快走は難しいかもしれない。

 全体の戦力を考えても、出雲を制した青山学院大がやはり優位。全日本では、前々回に初めてシード権(6位)を獲得し、前回は初のトップスリー(3位)。今回はトラックのタイムがナンバーワンだ。今年のユニバーシアードのハーフマラソンでワン・ツーを飾った小椋裕介と一色恭志、出雲3区で区間賞を取ったスピードランナーの久保田和真。この3人が入るだろう主要区間が強力なうえ、つなぎのメンバーも充実している。正月の箱根、10月の出雲に続く3連勝での初Vを目指すことになる。

 初優勝に突き進む"アオガク"をなんとしても止めたいのが、全日本で最多12回の優勝を誇り、現在4連覇中の駒澤大だ。選手層が厚く、最終8区にもエース級を置ける青山学院大に勝つためには、先制攻撃を仕掛けるしかない。7月のユニバーシアード10000mで銅メダルを獲得した中谷圭佑がその役割を担うことになるだろう。出雲では、1区の中谷で飛び出してアンカー決戦まで持ち込んでいる。両校の戦力を考えると、2区終了時までに抜け出した方が断然有利となるため、序盤のエース対決が勝負のカギを握りそうだ。

 その「2強」に続くのは、前回4位の東洋大と5位の山梨学院大だ。出雲では、東洋大は1区走者がコースアウトして30秒ほどのロスがありながら4位、山梨学院大はアンカーのドミニク・ニャイロの2人抜きで準優勝を飾っている。

 東洋大は服部兄弟の期待値が高い。兄の勇馬は前回2区で区間賞を取っているが、マラソン参戦の準備もしており、最長区間であるアンカーでの配置も考えられる。弟の弾馬は9月の日本インカレ5000mを制したスピードを生かして、序盤区間での出走が濃厚だ。山梨学院大はニャイロ(8区が有力)の破壊力が大きく、1区か2区で起用して主導権を握る作戦も考えられる。

 各大学の戦力を分析すると、トップ争いができるのはここまでの4校で、あとは6位以内に与えられる「シード権」がターゲットになる。前回2位の明治大、同6位の東海大、同7位の早稲田大などがボーダー付近にいるが、注目は箱根予選会をトップ通過した日本大だ。前回は不出場も、前々回までの5大会で4度のシード権を獲得。いずれも最終8区でケニア人留学生が"逆転劇"を演じているだけに、箱根予選会をトップで走破したダニエル・ムイバ・キトニーの爆走に期待がかかるところだ。

 全日本大学駅伝は、11月1日(日)の8時05分にスタートする。しっかり早起きして箱根へと続く戦いをチェックしたい。

酒井政人●取材・文 text by Sakai Masato