ふとした瞬間に気づいてしまった、頭頂部の髪の薄さや分け目の髪の薄さ……。一度気になると人の視線も気になるし他人にも言いにくく悩んでいる人もいるのではないでしょうか。女性の薄毛の原因や対処法はあるのでしょうか?

女性の薄毛にもいろいろな原因がある

男性の薄毛が男性ホルモンの増加によるもので、抜け落ちた毛髪が生えてこなくなることに対し、女性の薄毛は女性ホルモンの変化や栄養不足などによるもので薄くはなりますがツルツルにはなりません。しかも女性の薄毛にはいろいろなタイプがあるので、まずは自分がどのタイプかを把握しましょう。

びまん性脱毛症

髪全体が薄くなり、分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えます。更年期前後の女性に多く見られるとありますが、最近は20代や30代の女性にもみられ、頭髪専門医を受診する人もここ数年で2.5倍にも増えているそうです。ホルモンバランスの乱れやストレス、ダイエットによる栄養不足、間違ったヘアケアが原因となっています。

分娩後脱毛症

妊娠後期のホルモンの影響により毛周期が乱れ、分娩後に一気に休止期(成長し終わった髪が抜け落ちる)に入るために抜け毛が増えて頭髪全体が薄くなります。通常は産後半年から1年程度で自然回復しますが、高齢出産や出産後のストレスなどで体力が回復しない場合には自然回復しにくいといわれています。

ひこう性脱毛症

フケが毛穴を塞ぐことで炎症を起こし、髪が成長できなくなるために起こる脱毛症で、頭皮の脂が気になって何度もシャンプーしたりゴシゴシと洗うことで頭皮の脂が落ちてしまい乾燥してカサブタ状のフケが多く出ます。

牽引性脱毛症

ポニーテールやおだんご髪など、長時間強く髪を引っ張るような髪型を続けることにより引っ張られている部分の抜け毛が目立ち薄くなってきます。分け目が薄く感じてきたら危険かも。強く引っ張られて頭皮の血行が悪くなっている状態です。

気になったらどうすればいいの?

シャンプーなどのヘアケアを見直し

まずは頭髪の環境を整えてあげましょう。シャンプーは頭皮に負担をかける洗浄成分があまり強くないもの、髪を元気にするアミノ酸が入っているものもおすすめ。指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗います。洗い流す際にはぬるめのお湯で、シャンプーと同じくらいの時間をかけて徹底して洗い流して。トリートメントやコンディショナーは頭皮には付けず、毛先を中心につけて時間を置き、すすぎ残しが無いようにしましょう。

抜け毛を予防する栄養を見直し

髪はタンパク質やミネラルからできているので、この二つの成分はしっかり摂りましょう。足りていないならサプリメントも必須です。睡眠不足も美髪の敵です。寝ている間に頭皮の状態も回復するからです。

絶対やってはいけない、男性用育毛剤の使用

男性用育毛剤は男性ホルモンの作用で髪以外の毛が濃くなったり、妊娠中や授乳中に服用したり使用すると赤ちゃんにも影響が出るので使わないようにしましょう。使うなら女性用のものを必ずチョイス。しかしこれらの商品を使ったからといって、頭皮が栄養を吸収して髪をはやしてくれることはありません。やはり基本は頭皮のマッサージで血行を良くし、栄養を摂って健康な髪が生えるように地道な努力をするしかないのです。深刻な薄毛の場合は女性専用の頭髪外来もあるので受診してみましょう。


writer:しゃけごはん