ヤマハのヒューマノイド、MotoGP世界王者に挑戦(動画あり)

写真拡大

ヤマハは東京モーターショーで、バイクを運転できるヒューマノイド「MOTOBOT」を披露した。改造が一切加えられていないバイクに乗り、路面や車両の状況を自分で判断しながら運転操作を行うという。

「ヤマハのヒューマノイド、MotoGP世界王者に挑戦(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

ヤマハは、東京モーターショーで新しいヒューマノイドを披露している。その目標は、MotoGPのワールドチャンピオン、ヴァレンティーノ・ロッシを打ち負かすことだ。

MOTOBOT」と名付けられたこのヒューマノイドは、「モーターサイクル本体には手を加えず」に、「人側から見た」車両操作ができるように設計されている。ヤマハによれば、バイクの操縦という用途に特化したロボットの優位性を生かし、「サーキットにおけるラップタイムでヴァレンティーノ・ロッシに挑む」能力を獲得することが、MOTOBOTの最終的な目標だという。

MOTOBOTの製作過程で開発されたテクノロジーは、将来の製品開発や製品テストに利用される。これには、より安全かつ高性能に動作するバイクの開発や、他の無人運転ロボットの将来的な開発も含まれている。

MOTOBOTが、改造されていないヤマハの「YZF-R1M」にまたがり、疾走していく姿はとても印象的だ。MOTOBOTはヒューマノイドであるため、走行中に加速したり挙動をコントロールしたりする様子は、不気味なほど人間に似ている。

MOTOBOTに搭載されているアクチュエーターは、ステアリング、スロットル、前輪ブレーキ、後輪ブレーキ、クラッチ、ギアシフトペダルの6つだ。MOTOBOTは、車載センサーから送られる速度、エンジン回転数、姿勢などのデータに基づいて、ステアリングを操作したり、路面状況に合わせて車体をコントロールしたりする。

ヤマハによれば、将来は、高精度GPSなどのセンサーや機械学習機能を追加し、「サーキットコースの最適ラインやマシン性能の限界をMOTOBOT自らが判断し、走行を重ねることでラップタイムを向上」させる計画だという。

そのため、まず2015年には、カーヴの走行と最高時速100kmでの直進走行を目標とし、2017年までには、最高時速200km以上でサーキットを走行できることを目指す。

また、スノーモービルや水上オートバイなど、他の乗り物も操縦できるようにする計画だ。

関連記事:「ルンバが目指すのは、スマート家電ではなく、IoR(Internet of Robots)」コリン・アングル(アイロボット社CEO)

TAG

MotorcycleRobotVideoWIRED UKYamaha