ハーベストメープルバター

写真拡大

東ハトは、「ハーベストメープルバター」と「ハーベストこんがりチーズ」を2015年11月2日に新発売する。

「ハーベスト」は、1978年の発売以来、東ハトお菓子職人の匠の技が生んだマネのできないおいしさで好評を得ている薄焼きビスケット。わずか3ミリの厚さに焼きあげるビスケットは、何層にも折り重ねた生地を薄くのばして作っており、この生地の層が独特のサクサクとした軽い食感を生み出している。

コーヒーや紅茶と、ワインなどのおつまみにも

「ハーベストメープルバター」は、メープルシュガーとバターを生地に練り込み、サックリ香ばしく焼きあげた、カナダ産のメープルシュガーの甘い香りとバターのコクが特徴。寒い冬にコーヒーや紅茶などと一緒に楽しみたい、この季節にぴったりの味わい。

「ハーベストこんがりチーズ」は、北海道産のチェダーチーズを使用したチーズパウダーを生地に練り込み、さらに表面にもプロセスチーズを振りかけ、サックリと香ばしく焼きあげ、アクセントにチーズと相性の良いオリーブオイルを加えることで、香ばしいチーズの風味を引き立てた味わい。甘さを抑えたチーズの風味豊かな味わいは、おやつとしてはもちろん、ワインなどのお酒のおつまみにも最適。

いずれもオープン価格(予想販売価格150円前後)。