内村航平が体操世界選手権でまさかのミス わずか0.473点差で薄氷の勝利

ざっくり言うと

  • 28日の体操の世界選手権男子団体総合で、日本は合計270.818点で優勝した
  • エースの内村航平は、最後の鉄棒における難度の高い離れ技でまさかのミス
  • わずか0.473点差で2位の英国をかわす、薄氷の勝利だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング