マスチェラーノが脱税容疑を認める…

写真拡大

▽バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、脱税の事実を認めた。スペイン『アス』が報じている。

▽マスチェラーノは、2011年と2012年にナイキとのスポンサー契約の際に150万ユーロ(約1億9900万円)の申告漏れがあったとして、スペイン当局が告発していた。その後マスチェラーノは、20万ユーロ(約2700万円)の追徴課税など全額を支払っている。

▽『アス』によると、マスチェラーノは裁判所での証言で、今回の脱税容疑を全面的に認めたようだ。

▽バルセロナはブラジル代表FWネイマールやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにも脱税の容疑がかけられているなど多くの問題を抱えている。