スコールズがファン・ハールを再び批判

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表MFポール・スコールズが、ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督を再び批判している。イギリス『BBC』が29日に伝えた。

▽先月、チーム構成に対してファン・ハール監督を批判していたスコールズは、28日に行われたキャピタルワンカップ4回戦のミドルスブラ戦でのPK戦敗退を受けて、次のように語っている。

「今のユナイテッドは創造性を欠き、リスクを負うことを恐れている。一方で決め事が徹底されているため組織力に優れ、対戦したくないチームでもある。だが、相手を倒そうという気概が見えない。もし、私があのチームの中でプレーしていても楽しむことはできないだろう」

「指導する上で最も難しいのはゴールを決めることと、創造性を生み出すことだ。シティとのダービーも見たが、ルーニーのプレー自体はむしろ素晴らしかった。彼にパスを入れる選手がいないのが問題だ。私は才能あるセンターフォワードと共にプレーしてきた。ファン・ニステルローイ、コール、ヨーク、シェリンガムらとね。おそらく彼らが今のチームでプレーしたとしても良いプレーはできないと思う」