写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●個人に合わせてきめ細かく
フジ医療器は10月29日、マッサージチェア最上位ブランドの「サイバーリラックス」シリーズ新製品として、「AS-1000」と「AS-870」を発表した。発売は11月1日。価格はオープンで、推定市場価格はAS-1000が500,000円前後、AS-870が430,000円前後だ(いずれも税込)。サイバーリラックスシリーズ誕生以来、15年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

○AS-1000

AS-1000は、フジ医療器のマッサージチェアにおいてフラッグシップに位置するモデル。新メカユニット「深層 極メカ PRO」を搭載する。深層 極メカ PROは、サイバーリラックスシリーズで採用されてきた「2つ玉メカユニット」を継承。最大もみ玉突出量は従来の10cmから12.5cmへパワーアップし、その日のコリに合わせて突出量を12段階で調整できる(手動選択時、自動コース時は7段階)。また、背すじのラインを検出するS字ライン検知システムと、肩位置検知システムを組み合わせた「ダブルセンシング」を新たに採用。これにより、マッサージの深さとポイントを一人一人に合わせて最適化する。最大12.5cmのもみ玉突出量とダブルセンシングによって、慢性的なコリを生む深層筋へアプローチするもみ技7種類を実現した。

エアーユニットは「トリプルモードエアシステム」となった。ノーマルモードとパルスモードに加えて、手もみモードを追加。手もみモードでは、空気を送る速度を調整する「流量調整機能」によって人の手の緩急を再現し、じっくりとマッサージ。合計で34個のエアーバッグを備え、各部位で5段階(腕のみ3段階)の強弱調節が可能だ。

リモコンはフルカラーのタッチパネル式へ変更。シンプルな表示のみで操作を簡単にする「ワンタッチモード」も搭載する。そのほか、座面の長さや肩マッサージの位置を改良することで、フィット感を向上。肩甲骨と足裏の部分にはヒーターを備える。

30分専門コース4つを含む21種類の自動コースを搭載。首や背、腰、坐骨といった部位ごとに7分で集中的にストレッチ・マッサージするコースも持つ。サイズはオットマン収納時でW760×D1,180×H1,220mm、脚・腕最大使用時でW880×D2,000×H700mm。重量は74kg。カラーはブラックとベージュ。

○AS-870

AS-870は、ダブルセンシングと最大もみ玉突出量12.5cmを実現したメカユニット「深層 極メカ」を搭載するマッサージチェア。AS-100とは異なり、もみ玉突出量は9段階で強弱調節が可能だ。トリプルモードエアシステムや部位集中コースはAS-1000と同様。リモコンはLEDライトで操作を誘導するボタン式のものを採用する。

自動コースは12種類を搭載する。サイズはオットマン収納時でW760×D1,180×H1,220mm、脚・腕最大使用時でW880×D2,000×H700mm。重量は71kg。カラーはブラックとベージュ。

●「使えばわかる!」
フジ医療器は同日、製品発表会を開催。フジ医療器 代表取締役社長 木原定男氏から商品戦略、フジ医療器 商品戦略グループ グループ長 大出健太郎氏から新製品の特徴について説明があった。

○高価格帯モデルが好調

木原氏は、今回サイバーリラックスシリーズを15年ぶりにフルモデルチェンジしたことを強調。2014年4月の消費税増税以降、マッサージチェア全体の売れ行きは完全には回復していないが、ハイエンドモデルは好調であると述べ、今回の新モデルについて「使えばわかる! マッサージチェアを超えたマッサージチェア」のキーワード通り、使ってみればその気持ちよさを体感してもらえるはずだと自信を見せた。

マッサージチェアの根幹をなす、心臓部ともいえるのは、体感にかかわるメカユニットとエアーユニット。自動コースやリモコン、ヒーターなどはあくまで付随的な機能であって、メカユニットとエアーユニットを大幅に刷新することで、全体的なブラッシュアップを図ったとする。

今回搭載されたメカユニット「深層 極メカ PRO」とエアーユニットを開発する際に、重視したのは深層筋へのアプローチだ。大出氏によれば、簡易的に表面だけをマッサージしていたのでは、結局コリは解消されない。そこで、「深層攻略」をコンセプトに最大12.5cmのもみ玉突出量、手もみでの加圧も再現できる「トリプルモードエアシステム」を実現した。

発表会後に参加者が体験できる時間も設けられた。実際に「手もみモード」で足、腕、腰をマッサージしたが、機械でマッサージされているというよりも、特に足裏は人の手でマッサージされているような感覚だった。

(野山靖代)