『午後3時の女たち』 ©2013 AFTERNOON DELIGHT, LLC ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

映画『午後3時の女たち』が11月7日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

【予告編ともっと画像を見る(11枚)】

同作は、平凡な暮らしを送りながら夫とのセックスレスに悩む主婦・レイチェルが、娼婦でもあるストリッパーのマッケナとの出会いをきっかけに、それまでになかった性的体験を経て、自身の人生を見つめ直す様をユーモラスに描いた作品。『サンダンス映画祭』で監督賞を受賞しているほか、2013年には『ブルージャスミン』『フランシス・ハ』などと並び、クエンティン・タランティーノが自身のファンサイトで発表している「映画ベスト10」に選出されている。

自分にない性的魅力を持つ19歳のマッケナに惹き付けられる主人公のレイチェルを演じるのは、『ヴィジット』『なんちゃって家族』『LIFE!』などのキャスリン・ハーン。マッケナ役を『ホーンズ 容疑者と告白の角』『マレフィセント』などの作品に出演しているジュノー・テンプルが演じる。メガホンを取ったのは、これまでに数多くのテレビドラマの製作や脚本を手掛け、同作で長編映画監督デビューを果たした女性監督のジル・ソロウェイ。