「クッキング de チームビルディング」を楽天グループの外国人社員56人が受講した

写真拡大

みんなで「ちらし寿司」をつくろう。そんな"研修"に2015年10月26日、世界中でインターネットサービスを展開する楽天グループの外国人社員56人が参加した。人材教育を手がけるキャプランと、NTTドコモのグループ会社で料理教室のABCクッキング・スタジオがつくった、料理を通じた組織づくり「クッキング de チームビルディング研修」だ。「チームビルディング」とは「複数のメンバーが思いを一つにし、同じゴールへ向かって進んでいける組織作り」を意味し、コミュニケーションが重要になる昨今、会社や学校、スポーツなどの組織において、チームワークを高めるうえで存在感を増している。チームビルディングの手法は様々だが、今回の研修は普段の仕事とは違う形での社員同士の共同作業となった。何か変化が生まれただろうか。

「日本」をテーマに班ごと35分調理、その後プレゼンタイム

「クッキング de チームビルディング研修」は、チームビルディングに必要な考え方と、組織を活性化するコミュニケーションを学ぶもの。14年11月から運用されており、多様な人々が集う職場のチームワークを高められると、受講者から好評だという。料理は自然に会話や共同作業ができるということで、日本では"婚活パーティー"などにも使われることが多く、チームワークを高めるにはうってつけだ。

通常のプログラムでは「ピザ」を作るというが、今回は世界15か国・地域からの参加ということで、異文化交流をかねて日本食の「ちらし寿司」作りとなった。全員楽天のグループ社員ではあるが、直接会うのは初めてだ。研修開始時は、会話もぎこちない。

5〜6人の10班に分かれ、それぞれがオリジナルのちらし寿司を作る。テーマは「日本」。きゅうり、かまぼこ、アボカド、ブラックオリーブなど20種類以上の具材を自由に使い、35分間で「調理」、完成後には2分ずつコンセプトと何を表現したかの「プレゼンテーション」を行う流れだ。

ダイバーシティを認め合う姿勢が、協力に結びつく

調理の前には「作戦会議」の時間が15分間設けられた。ワークシートにちらし寿司のデザインやポイントなどをメモしていくが、ここで各班、議論が白熱。調理の時間になっても意見をぶつけ合いながら、一つの作品を作り上げていく。調理では、具材を切る人、酢飯を作る人、盛り付ける人など、自然と役割分担がなされる班もあれば、何もしない人がいて作業が滞っている班もあり、チームワークの形成に違いが見られた。

完成したオリジナルのちらし寿司はバリエーション豊かだ。「四季とひなまつり」「富士山と麓を通る新幹線」「サムライソード(刀)と桜」などを絵のように表現する班もあれば、酢飯を15センチほどの高さに盛り付けて立体的に富士山を作る班もあった。プレゼンではどの班も、時間が足りないと言わんばかりにジェスチャー付きで2分間めいっぱい説明。この頃には笑いがあふれたり、冗談を言い合うなど、かなり打ち解けている様子が伺えた。

受講者の一人は「『ちらし寿司を完成させる』というゴールは同じだけど、考え方はみんなバラバラ。周りの意見を聞きながら柔軟に動いていくのが大事だと思った。目的が同じだから一つになれた」と感想を語る。別の受講者は「仕事にも活用したい。ダイバーシティ(多様性)は組織に必要。違う意見があっても協力し合いたい。おいしいちらし寿司ができたしね」と嬉しそうだ。

いつもと違う服装・行為だからこそ感じられるもの

チームビルディングに必要な要素は、「役割分担の相互理解」と「褒め合うこと」だと、キャプランの担当講師は話す。相手の役割を知っておくことでカバーがし合える。褒め合うことで雰囲気が良くなり、発言しやすくなるのだという。

ABCクッキング・スタジオ 経営企画部の徳永達志さんは、同研修の趣旨について「エプロンをつけて料理するという、いつもと違う服装や行為が、自然なコミュニケーションを生む。ABCクッキング・スタジオが30年間培ってきたノウハウと、キャプランが構築した理論で、料理を通じたチームビルディングを今後も進めたい」と話す。

楽天グループとしてもプラスにはたらきそうだ。同社広報は、「開始当初に比べて和気あいあいとしている。週1回グループ会社間での会議があるので、ここで打ち解けられたことでビジネスの場でも意見を言いやすくなりそう。国境を越えたコミュニケーションがとれたので、グループとしての一体感が増した」と手応えを感じていた。