土星衛星「エンケドラス」の海は生命を宿せるか:探査機が調査へ

写真拡大

土星の衛星「エンケラドス」は、表面の氷の下に巨大な海があり、「氷の噴霧」が噴出している。探査機カッシーニは10月31日、この噴霧に最接近して、海が生命を維持できるかどうかに関するデータを採取する。

「土星衛星「エンケドラス」の海は生命を宿せるか:探査機が調査へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

土星の衛星「エンケラドス」は全面が氷で覆われているが、その氷の下には巨大な海があり、ときどき「氷の噴霧」が噴出(日本語版記事)していることがわかっている(地下に海があることで、エンケラドスは「太陽系内部で生命が存在する最有力候補(日本語版記事)」とされてきた)。

現在エンケラドスの近くにいる米航空宇宙局(NASA)の探査機「カッシーニ」は10月28日17時(グリニッジ標準時/日本時間は10月29日2時)、この噴霧の中を通過し、この星の海が生命を維持できるかどうかを調査するためのデータを採取した。

カッシーニは、2004年から土星とその衛星の周りを飛行しているが、今回のフライバイでは、氷で覆われたエンケラドスの表面から約49kmの距離にまで接近し、地球で待つ科学者たちにデータを返送する。

カッシーニはこれまで、エンケラドスにわずか25kmの地点まで最接近したことがある(2008年)。今回のフライバイ(第21回)は、エンケラドスから噴出している氷の柱の最も低い部分を通過し、噴出している氷の粒子に最も近づくことになる。このデータから、氷で覆われた表面の下に存在する巨大な海の詳細が解明されると期待されている。

NASAは、収集されるデータからは生命の兆候は見られないだろうとしながらも、エンケラドスが「生命のための要素を宿す」ことが可能かどうかについての指標は得られるだろうと述べている。

このミッションを推進しているチームのハンター・ウェイトは、水素が検出された場合は、その検出量から、エンケラドスの海底でどの程度の熱水活動が起こっているかがわかるだろうと述べた(2015年3月には、カッシーニ探査機が検出した微粒子の中に、摂氏90度以上の熱水環境がないとできない物質が確認されている)。

カッシーニは、10月14日に行ったフライバイで、エンケラドス北側の表面を撮影した。そこには、クレーターだらけの荒廃した極域が詳細に映し出されていた。

今回カッシーニは南極側を通過し、接近する時と離れる時の両方で画像を撮影する。今回の最接近点では、「カメラの視野で表面全体をくまなく撮影する」とNASAは述べている。

カッシーニは、2015年12月19日にもう一度エンケラドスの側を通過したあと、2017年に土星の大気圏に突入してそのミッションを終える予定だ。

関連記事:火星にいまも「水」がある──生命は、植民地化は?(動画あり)

TAG

EnceladusNASAVideoWIRED UK