U−22日本代表候補が鳥栖に7発完勝…奈良、浅野は2ゴールの活躍

写真拡大

 U−22日本代表候補がトレーニングキャンプ最終日の29日、サガン鳥栖と45分×2本の練習試合を行った。

 手倉森誠監督は、先日の福岡大戦と同様に「4−4−2」のシステム採用。GK櫛引政敏、DF室屋成、岩波拓也、奈良竜樹、亀川諒史、MF大島僚太、原川力、関根貴大、矢島慎也、FW荒野拓馬、金森健志を先発で起用した。キャプテンの遠藤航は発熱により欠場。一方の鳥栖は、FW豊田陽平ら主力選手抜きのメンバーで臨んだ。

 試合が動いたのは15分、U−22日本代表候補はCKのチャンスを得ると、原川がニアサイドに上げたクロスに奈良がヘディングで合わせ、先制点を奪った。続く24分にも同じ形で奈良がゴール。早々に2点をリードした。

 34分に亀川、矢島、関根、金森に代えて山中亮輔、中島翔哉、前田直輝、浅野拓磨を投入する。45分、ドリブルでペナルティエリア内に侵入した中島が相手選手に倒されPKを獲得。自らゴール左に蹴り込み、リードを3点に広げた。アディショナルタイム1分には前線でボールを奪った浅野が独走から絶妙なチップキックでゴールネットを揺らし、4−0で前半を折り返す。

 後半開始から櫛引、大島、原川を下げてGK中村航輔、MF喜田拓也、川辺駿を送り込んだ。後半もU−22日本代表候補は鳥栖にチャンスを作らせることなく試合を進める。56分に荒野に代えてFW鎌田大地、62分には室屋と前田に代えてDF中野嘉大とMF野津田岳人、65分には山中に代えてMF秋野央樹を投入した。

 その直後、スーパーゴールが生まれる。ゴールまで約35メートルの位置でボールを受けた野津田が、振り向きざまに左足を一閃。ボールは相手GKの頭上を越えてネットに突き刺さり、チーム5点目を奪った野津田はガッツポーズを見せた。

 70分に中島に代えてMF為田大貴、77分に川辺と負傷した喜田に代えてDF三竿健斗、中谷進之介を投入。欠場の遠藤を除く全フィールドプレーヤーが出場した。85分、相手のバックパスを奪った浅野が、飛び出した相手GKをかわしてゴール右に流し込み6点目。さらに90分、鎌田が浅野に出したスルーパスは相手DFに阻まれるも、こぼれ球を鎌田自身が蹴り込んでネットを揺らした。圧巻のゴールラッシュを見せたU−22日本代表候補が、7−0で鳥栖に完封勝利を収めた。

【スコア】
U−22日本代表候補 7−0 サガン鳥栖

【得点者】
1−0 15分 奈良竜樹(U−22)
2−0 24分 奈良竜樹(U−22)
3−0 45分 中島翔哉(PK)(U−22)
4−0 45+1分 浅野拓磨(U−22)
5−0 66分 野津田岳人(U−22)
6−0 85分 浅野拓磨(U−22)
7−0 90分 鎌田大地(U−22)