チラシ画像

写真拡大

東京・新宿K's cinemaでは2015年11月7日から20日まで、映画の配給・宣伝を行っているムヴィオラの15周年を記念した特集上映企画「はしっこでも世界」を開催する。

日本国内最終上映作品も

ムヴィオラは、世界各国の映画を日本に配給してきた映画会社。特集上映企画では、同社が配給したアジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、日本の映画から、30本を一挙に公開する。

権利の関係で上映できない作品を除いて、同社が配給したほとんどの作品が上映される。また、2016年に公開される、タイのアピチャッポン・ウィーラーセタクン監督とマレーシアのヤスミン・アフマド監督の新作の特別先行上映も行われる。

中国のワン・ビン監督の全編545分に及ぶ3部作「鉄西区」の一挙上映や、米国のスティーヴ・ジェイムズ監督のドキュメンタリーの傑作「スティーヴィー」の日本国内最終上映も行われる。

当日料金は、一般、大・高校生1500円、中・小学生、シニア1000円。なお、本特集上映企画で使える5回券を5000円で販売している。

なお、「ヘヴンズストーリー」、「収容病棟」のみ、特別料金2000円均一(回数券は2枚必要)となる。