ぱるる「幽霊より女子が怖い」、主演映画「劇場霊」ジャパンプレミア。

写真拡大

アイドルグループ・AKB48の島崎遥香(21歳)が10月28日、第28回東京国際映画祭の特集企画“日本のいちばん怖い夜〜Jホラー降臨”での「劇場霊」ジャパンプレミアに登壇した。

劇場で起こる数々の恐怖の真相を探る、主人公の若手女優・水樹沙羅役を演じた島崎は、まず、「日本初公開ということで、楽しんでいただけたら。ぜひ広めていただけたらうれしいです。お清めで、今日は朝から塩の入浴剤のお風呂に入ってきました(笑)。皆さんの反応、楽しみですが、緊張もしています!」と挨拶。

中田秀夫監督作品への出演については「中田監督作品は小さいころ家族で観に行きました。自分が出ることになるとは思ってもみなかったので、光栄です。何もわからない状態だったので、学びながら撮影に臨みました。今観るともっと出来たんじゃないかと思うことがたくさんありますが、当時出来ることを精一杯やりました」と振り返った。

作品のテーマにちなみ、AKB48劇場で噂されている怖い話を聞かれると、「私はまったく(幽霊は)見えませんが、見えるメンバーが『劇場のあの辺にいる』と定期的に言ってます。見えないほうがいいですね(笑)」とのエピソードを披露。

また、「ホラーに出てくる幽霊・お化けよりも怖いと思うもの」については「『女子』です。めちゃくちゃ怖い。いろんな意味で(笑)。映画の中でも沙羅(島崎)と香織(足立梨花)が仲良いはずなんだけど裏の部分を持ってるという間柄なので、そこにも注目です!」と語った。

映画「劇場霊」は11月21日(土)、全国ロードショー。