体操の世界選手権 男子団体総合で日本が37年ぶりに金メダル

ざっくり言うと

  • 体操の世界選手権の男子団体総合で28日、日本が37年ぶりの優勝を果たした
  • 最初の種目の床運動で、エースの内村航平と白井健三が高得点をマーク
  • 最終種目の鉄棒で田中佑典らが落下したが、リードを守り悲願の頂点に立った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング