五郎丸歩選手(左)とEXILE SHOKICHI(右)

写真拡大

先日行われたラグビーのワールドカップで日本中を沸かせたラグビー日本代表の五郎丸歩選手が、10月28日にユナイテッド・シネマ豊洲で行われた映画『トランスポーター イグニション』の公開記念イベントに登壇した。

[動画]五郎丸歩、映画イベント初登場に「ラグビーより緊張する」

今や大人気の五郎丸選手は、忙しい日々を過ごしながらも、「これを機にラグビーというスポーツをみなさんに知っていただければ」と前向きな様子。こうした映画イベントに参加するのも初めてだそうで「試合より緊張しますね」と照れ笑いを浮かべた。

キックを蹴る前のポーズも話題となったが、この日も登壇前に、精神統一のため、いつもの五郎丸ポーズをしましたかと尋ねる質問には「してないですね(笑)」と回答。さらに、このポーズについて「ポーズにはそんなに意味がなくて、ラグビーの試合では雨が降ったり、お客さんが入ったり入らなかったり、いろんな環境がありますけど、自分でブレない時間をしっかりと作り出すというところが本質になっています」と、形よりもむしろ、精神統一の意味が強いことを口にしていた。

この日は、本作の日本版主題歌を歌うEXILEのSHOKICHIも登場。五郎丸選手の活躍はもちろん見ていたそうで、「メンバーでEXILEのグループラインがあるんですけど、テレビを見て感動したねと、みんなでラインをしながら見ていました」とコメント。これには五郎丸選手も「グループラインでラグビーの話題が出ることが非常に不思議ですけど、非常にありがたいですね」と嬉しそうな表情。

一方、SHOKICHIが歌う主題歌の感想を聞かれた五郎丸選手は「帰りにクルマに乗ったら飛ばしちゃうんじゃないかなっていうくらい素晴らしい曲でした」と答え、会場を沸かせていた。

また、本作の主人公にちなみ、「運び屋」という職業に興味はあるかという質問に、SHOKICHIは「運び屋はなかなかリスクが伴いますね」と苦笑い。「HIROさんに怒られるかも知れないですね。まず相談からですね」と続けると、五郎丸選手も「私も会社の方と相談させていただければ」と返し、笑いを誘っていた。

[動画]映画『トランスポーター イグニション』予告編
[動画]佐々木希、来日スター エド・スクレインの瓦20枚割りに目がハート!
[動画]スーツで決めたTAKAHIROとSHOKICHI、2人が思うかっこいい男とは?
[動画]完璧と褒められたTAKAHIRO、なぜかドスケベと明かす