カンニング竹山

写真拡大

26日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)でカンニング竹山が、Twitterで思わぬ批判を受けていたことを明かした。

番組では、同日発売の「週刊現代」が、同番組の司会を務める赤江珠緒アナウンサーのグラビアを掲載したことから、写真の話題に展開した。

赤江アナが「竹山さんも今、写真が話題だとか」と訊ねると、竹山は20日に、自身のTwitterアカウントで、弁当の写真とともに「新幹線で喰らいロケに向かう。おじさんは意外とマメである」と添えた投稿について、語りはじめた。



竹山によると、東京のテレビ局のロケ弁は同じ内容が多く、それに加えて移動時も駅弁なのは飽きてしまうのだとか。そこで竹山は、自宅の食事での残り物をタッパーに詰めて、自作の弁当を作ったという。

竹山はテンション高く自分の好物をつめ込み、Twitterに写真を投稿するも、「野菜が足りねぇ」「茶色だ」「オジさんなのに何食ってんだ」などと、散々な反応が集まってしまったのいうのだ。

ちなみに、このツイートには一般のユーザーにまじって、タレントの千秋も「お肉だらけ」とリプライをしている。



竹山によると、その数日後には、竹山の妻が弁当を作ったそうで、そのときは彩りもきれいで、野菜も入っていたのだとか。

【関連記事】
カンニング竹山がキレ口調でまさかの開き直り「金は腐るほどあるよ!」
カンニング竹山が視聴者に訴え「テレビを真面目に見なくていい」
カンニング竹山が女子高生の自殺願望に「同情の余地なし」とバッサリ