体温と免疫力の間には大きな関係があることを知っていますか? 近年35度台なんて、平熱が低い人が増えていますが、体温が1℃下がると免疫力は30%も下がってしまうそう。そもそも人間は内臓の温度が38℃以上ないと正常に機能しないと言われています。そのためには体の表面の温度が36.5℃〜36.8℃は必要です。平熱が低い人はジンジャーを摂取することで、体を内側から温めて体質改善をおこないましょう。

どうして体温が下がると免疫力が落ちるの?

血液の中にある白血球が免疫機能のある成分です。体温が上がれば血液の循環が良くなり、白血球が活発に体内を巡ることができるようになります。細菌やウイルスなどの異物を見つけるとそれを攻撃し排除するため、免疫力が高まるのです。白血球は低体温の状態では活発に働くことができません。また、体内ではコレステロールからさまざまなホルモンが作られますが、低体温になるとホルモンの生成がうまくいかなくなり、体の正常な機能を保つことができなくなってしまいます。冷え性の人に生理不順が多かったり、睡眠トラブルが多かったりするのもこのためです。

免疫力をアップさせるには体温を上げることが先決

基礎体温が36℃以下という人は低体温です。低体温の状態が続くと、風邪やインフルエンザなどにもかかりやすくなってしまいます。免疫力をアップするには、体温を上げることが先決です。体温が下がる原因のひとつは運動不足による筋肉の減少。熱量の多くは筋肉で産出されるので、筋肉を増やすことで体温を上げることができます。運動は苦手という方は、簡単にできるウォーキングやダンベルなどから始めてみましょう。毎日少しでもいいので体を動かす習慣を身に着けることです。体温を上げるには、入浴で体を温めるのも効果的です。ぬるめのお湯にしっかりと浸かって、体の内部まで温めるようにしましょう。

体温を上げる食材“ジンジャー”がおススメ!

体温を上げる食材として注目されているのが“ジンジャー”です。生姜の辛みのもとはジンゲロールという成分ですが、ジンゲロールには血管を拡張して血行を促進する働きがあるので、ジンジャーを食べれば体温が上がり体がぽかぽかになってくるのです。ジンジャーを薬味として使うだけではもったいない。例えば、擦り下ろした生姜を紅茶に入れるだけの“生姜紅茶”なら、簡単に生姜を摂取することができます。ジンゲロールには、血管にできた血栓を溶かす効果もあるので、生活習慣病の予防にも生姜はおススメです。入浴前に生姜紅茶を飲んでから半身浴をしてみてください!驚くほど体が温まりますよ。


writer:岩田かほり