10番に嫌気ではなく…ポグバが背番号に足した数字の謎は「+5ではなくペレへの敬意を表した75」

写真拡大

▽ユベントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバが記した文字の理由が判明した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽25日に行われたセリエA第9節のアタランタ戦(2-0でユベントスが勝利)に先発したポグバは、自身のユニフォームの背番号「10」の横に手書きで「+5」のように見える文字を書いていた。これが話題となり、一部では以前に「ユベントスにおける背番号10がプレッシャーになっている」との批判を受けたことで、「1+0+5」とし、昨シーズンまでの6番に戻りたいとアピールしているのではないかとみられた。

▽しかし、「+5」に見えた文字は、今月23日に75歳の誕生日を迎えたブラジルのレジェンドであるペレ氏の誕生日を祝う「75」だったようだ。ポグバがリポーターに問われて答えたという。特に欧米では「7」を表記する時に斜めの線を入れる人が多く、さらにポグバの場合は上部の線が薄くなっていたことで、大きな話題となったようだ。