U-15代表のフランス遠征初戦、久保建英らのゴールでイングランドに競り勝つ

写真拡大

 フランスで開催されている『バル・ド・マルヌU-16国際親善トーナメント2015』に参戦しているU-15日本代表は27日、大会初戦でU-15イングランド代表と対戦し、4-3で競り勝った。

 点の取り合いとなった試合は開始2分にイングランドが先制して幕を開ける。同26分にも失点し、2点の先行を許した日本だが、同33分にFW棚橋尭士(横浜FMJY)がPKを決めて1点差。直後の同34分委はFW久保建英(FC東京U-15むさし)がDFをかわして同点弾を蹴り込み、前半を2-2で折り返す。

 後半に入っても先手を奪ったのはイングランド。後半8分に日本はセットプレーの流れから押し込まれ勝ち越しを許したが、同35分、DF菅原由勢(名古屋U15)のスルーパスに反応した棚橋がこの日2点目を決めて再び勝ち越し。そして終了間際にGKと1対1になった途中出場のFW宮代大聖(川崎F U-15)が落ち着いてゴールネットを揺らし、見事な逆転勝ちを飾った。

 JFAによると、2得点を決めた棚橋は「今日の試合は苦しい展開でしたが、チーム一丸となり勝利を掴むことができた」と逆転勝利に胸を張る。3失点ながら好セーブも見せたGK大内一生(横浜FCJY)は「チームとして絶対に勝つという気持ちが相手より強かったので接戦を勝ち切れたのだと思います。普段対戦できない相手と真剣勝負ができる大変良い機会なので、残りの試合も全て勝ちたい」と次戦以降の必勝を誓った。

 同代表の次戦は29日、ホスト国のU-15フランス代表と対戦する。

(40分×2本)

[先発]

GK:大内一生

DF:小林友希、瀬古歩夢、岩井龍翔司(62分→菊地健太)、桂陸人

MF:喜田陽(62分→菅原由勢)、福岡慎平(66分→野末学)、中村敬斗(54分→鈴木冬一)、久保建英(66分→上月壮一郎)

FW:山田寛人(54分→宮代大聖)、棚橋尭士

[控え]

GK:谷晃生