「決断に間違いはなかった」…手倉森Jレギュラー奪取誓うDF亀川

写真拡大

 昨季のシーズンオフ、自身初の移籍を決断した男は、確かな成長を遂げている。3年間過ごした湘南からアビスパ福岡へレンタル移籍したU-22日本代表候補DF亀川諒史は、「自分の決断に間違いはなかったと、自信を持ってやれていると思う」と胸を張って答えた。

「湘南で甘えたくなかったし、自分の中の可能性に賭けたかった」という亀川は、福岡で開幕スタメンの座を勝ち取ると、その後もなくてはならない存在として、J1昇格を争うチームの主力を担っている。

「プロになってからコンスタントに試合に出ているのは初めてだし、試合に出て『勝つ』『負ける』ことの大事さを学ばせてもらっています。また緊張感のある昇格争いを戦っているのは自分の中でもプラスになっていると思います」

 そして迎えたU-22日本代表候補合宿。前日に行われた福岡大との練習試合では右SBで出場しながらも、この日の練習では左SBを務めた。左右そん色なくプレーできることは「プロになる前から自分の良さの一つと思ってやってきた」ことであり、「両サイドをできる選手はなかなかいないと思うので、そこはもっともっと高めていきたい」と自らのストロングポイントにさらに磨きをかけようとしている。

 手倉森ジャパン発足当初から常連メンバーの一人である亀川だが、今年3月に行われたリオ五輪一次予選では負傷により途中離脱を余儀なくされた。「代表に呼ばれるためには、アビスパで結果を残すことが絶対条件になります」と迎えたシーズンで確かな足跡を残す。だからこそ、「やっぱり何としても代表に選ばれ、選ばれるだけでなく試合に出たい」と改めて決意を示した。

(取材・文 折戸岳彦)


●AFC U-23選手権2016特集