トヨタが発表した四代目プリウスが好評だ。2011年3月に同社が導入した「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」という、「もっといいクルマ」を作るための新たな自動車の開発・生産に向けた取り組み。この第一弾になるのが、10月29日に開幕する東京モーターショーで初お披露目される四代目プリウスである。

 アクセルやブレーキのレスポンス向上だけでなく、車体そのものの基本設計から刷新された、スポーティさを追求したトヨタ車だ。豊田章男社長はいたずらに台数を追うことはせず、ハンドルを握って楽しいクルマを作ることにこだわっている。

 章男社長がこうしたクルマ作りの哲学をもつに至ったのは、レース活動からの影響と考えられる。
 
 企業経営を担うトップが、命の危険にさらされるレースに参加するのはいかがなものかという批判に対し、章男社長は、レースはあくまで「いいクルマをつくるためのセンサーを研ぎ澄ます」ための活動だと反論している。一方で、「他の上場企業の社長は平日からゴルフをやっていても騒がれない。なぜレースに参加すると批判されるのか」とも語り、この言葉からは「レースが好きだ」という本音も垣間見える。

 会社としても、モータースポーツへの関与を深めている。今年1月のモータースポーツ活動発表会で、世界ラリー選手権(WRC)への参戦を発表し、章男社長は「『もっといいクルマづくり』のど真ん中にモータースポーツを位置付けたい」と述べ、一般道を走るラリーで培った技術を市販車の開発に生かすという。

 実は昨年1月の「2014年モータースポーツ活動発表会」の会見で、章男社長は創業者・豊田喜一郎氏が亡くなる直前に書いた「オートレースと国産自動車工業」という文章を引用し、「耐久性や性能試験のためのオートレースにおいてその自動車の性能のありったけを発揮してみて、その優劣を争うところに改良進歩が行なわれ、モーターファンの興味を沸かすのである」という内容を紹介している。

 つまり、モータースポーツ活動の活発化は“原点回帰”であり、“創業の精神”だというわけだ。

 企業広告でもトヨタはスポーツシフトを強めている。これまでトヨタは、ビートたけしや木村拓哉を起用し、東北復興の願いを込めた「ReBORN」(リボーン)と題した企業CMを放映してきたが、それを引き継ぐ形で出てきたのが、トヨタのレーシング部門「ガズー・レーシング」をメインに据えたCMだ。

 この7月から第一弾が始まり、レースシーンを背景に、「極限の中でしか、学べないものがある。(中略)トヨタよ、トヨタの作ったその壁を、壊せ」と、モータースポーツに賭けるトヨタの思いを訴求している。

 ただ、こうした一連のモータースポーツ・シフトに、トヨタ内部からは不安の声も出ている。クルマを運転している人がみな、運転好きとは限らず、「必要だから、便利だからハンドルを握っている」だけという人も多い。「そうした人々に、運転の楽しさなど伝わるだろうか」と販売店の一部には不安の声もあるという。しかし、トヨタにとってその反発は織り込み済みだ。

「おそらくトヨタは、将来的に、クルマを単なる移動手段と考える人々には自動運転車を、クルマを走らせる喜びを求める人には自らハンドルを握る走り重視のクルマをと、2つの方向性でクルマの進化を考えているはずです」(業界紙記者)

 スポーティなプリウスはそのための布石であり、これはトヨタの挑戦である。

※週刊ポスト2015年11月6日号