10月28日、東京・Zeppブルーシアター六本木にて『The Painters:HERO(ペインターズ:HERO)』の制作発表記者会見が行わ、イベントには、スペシャルサポーターの小嶋陽菜(AKB48)さんが駆け付けました。


(c)Kyoko Akayama

『The Painters:HERO』は、4人のパフォーマーが様々な技法を駆使し、”HERO”をテーマにした作品を完成させるアートパフォーマンスです。


(c)Kyoko Akayama

発祥地である韓国で2008年にスタートし、アメリカ、ヨーロッパ、中国、東南アジアなど、世界31都市で上演されている大人気ステージが、いよいよ日本に上陸します。


(c)Kyoko Akayama

この日ふるまわれた圧巻のパフォーマンスに、小嶋さんは終始「すごーい」と目を丸くして見入っていました。


(c)Kyoko Akayama

1つ目は「バトルドローイング」と呼ばれる高速でキャンパスに墨をたたきつけるようにして絵を描くパフォーマンス。


(c)Kyoko Akayama

リズミカルな音楽に乗せて、迫力のドローイングが行われます。


(c)Kyoko Akayama

完成した虎の絵を見て、小嶋さんは自身も描いたという虎の絵を負けじと披露。


(c)Kyoko Akayama

可愛いですね!ただ、小嶋さんは、「この虎を見ちゃうと、ちょっと出しづらいです。一応、2回描いたんですけど(笑)」と照れくさそうにしており、パフォーマーたちもその様子に目じりを下げていました。


(c)Kyoko Akayama

続いて、今回の記者発表用に特別に用意したというパフォーマンスを4人が披露しました。

その名も「アクションペインティング」、様々なパフォーマンスを織り交ぜながら4種の絵が完成されるものでした。


(c)Kyoko Akayama

完成した絵は、なんと小嶋さんの顔でした。


(c)Kyoko Akayama

ものの数分で描いたとは思えない素敵な絵に小嶋さん本人も感心しきりで、「こんな大きい絵は初めて。総選挙で1位になると大きい絵を描いてもらえるんですけど、そんなことはないのでうれしかったです(笑)。すごくおしゃれなので、本当にこのまま家に飾りたいくらい素敵な絵です」と、持ち帰るそぶりを見せていました。

さすがに大きくて持ち帰れないので、小嶋さん用に作ったというミニチュア版の絵が贈呈され、満足気な顔を見せていました。


(c)Kyoko Akayama

出演していた4人のパフォーマーは皆さんダンスができ、絵が描ける上にイケメンという三拍子揃った男性陣。

そのことを突っ込まれると小嶋さんは「ダンスができる男性は格好いいと思います。がたいもいいし、素敵だなって」と少し頬を赤らめていました。


(c)Kyoko Akayama

『The Painters:HERO(ペインターズ:HERO)』は2016年3月24日〜4月3日、Zeppブルーシアター六本木にて公演予定です。

アートとダンスだけで魅せるショーなので、お子さんから大人まで楽しめます。もちろんデートにも最適ですので、来年が待ち遠しいですね!