日本代表、11月12日のシンガポール戦で新ユニフォームお披露目へ

写真拡大

 日本サッカー協会は(JFA)28日、日本代表の新ユニフォームを11月12日に行われる2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のシンガポール代表戦でお披露目すると発表した。

 現在のユニフォームは、背面に鮮やかなネオンカラー(蛍光色)の一本線が施された「円陣」をコンセプトとしたもの。ブラジル・ワールドカップの前年、2013年11月11日に発表されていた。

 新ユニフォームお披露目となるシンガポール戦はアウェーで開催され、日本時間20:15にキックオフ予定。同試合はフジテレビ系にて全国生中継(一部地域を除く)される。

 また、日本サッカーミュージアム(東京都文京区本郷)の地下1階にあるショップ「FLAGS TOWN」では、10月29日から11月11日まで新ユニフォームの事前受付予約を実施。一般販売は11月13日から開始される。

 なお、オフィシャルサプライヤーであるアディダスも、同期間中に事前予約を実施(各販売店オンラインショップでの予約は11月9日23:59まで)する。事前予約で購入した人のみ、シンガポール戦で日本代表と同じユニフォーム着用が可能。さらに予約購入者から先行して、数量限定のサッカー日本代表スペシャルポスターもプレゼントされる。