美術作品をごみと間違え…清掃員が処分、慌ててごみ袋から回収

ざっくり言うと

  • イタリアの美術館で清掃員が展示品をごみと間違えて処分する出来事があった
  • 間違いに気付いた従業員らが急きょごみ袋から回収し、展示は3日後に再開
  • 博物館の館長は、この出来事は近代美術の話題を盛り上げたと評価している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング