今度は発泡酒

写真拡大

サントリービールは2015年10月13日、「パンプキンスペシャル」を数量限定発売した。

その名の通り、パンプキンと香料を用い、「ホクホク甘いパンプキン」をイメージした味に仕上げた発泡酒。同社は「パンプキンスペシャル」発売の1週間前にも「ザ・パンプキン」というパンプキン風味のビールを発売していた。こちらは独特な風味が賛否巻き起こしていたが、「パンプキンスペシャル」は果たして?

「ザ・パンプキン」の味と比べると...

「ザ・パンプキン」は「なかなかウマい」「個人的には好き」という声が上がる一方、「甘ったるい」「香りが妙」と、口に合わなかった人も少なくなかった。

「パンプキンスペシャル」の感想をツイッターで見てみると、

「なんだこれ!めちゃ好み!味はさっぱりなのに飲むとふわっとかぼちゃの香りが鼻に抜けて美味しい!」「ほんのりかぼちゃの甘みがする!割と飲みやすいよ!!!」「パンプキンスペシャル 超おいしかったんですけど...!箱で買いたいくらい」

と、「ザ・パンプキン」よりも絶賛が目につく。

2商品を飲み比べてみたという人も続出。

「サントリー パンプキンスペシャル 同社から出されてるザ・パンプキンよりもリキュールっぽさがある でもこれはこれでカボチャのカクテルっぽくておいしい」「パンプキンスペシャルの方はtheかぼちゃ味みたいな感じ+甘みなのに対してザ・パンプキンの方はビールの後味がかぼちゃっぽい風味がする感じ」「かぼちゃの香りを求めるならクラフトセレクト、口の中でかぼちゃの雰囲気を求めるならパンプキンスペシャルだと思うな。味はビールだ」

どちらもハロウィン向けの商品ということで、販売されているうちに記念に試してみるのもよさそうだ。

希望小売価格は設定していない。