写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ABC Cooking Studioなどはこのほど、働く女性の健康状態改善に向けて「女性のカラダ・ミカタ宣言」コンソーシアムを設立したと発表した。

同団体はABC Cooking Studioとオムロン ヘルスケア、それにドコモ・ヘルスケアが設立したもの。それぞれが取り扱っている測定機器やアプリ、料理レッスンなどを活用して、現代女性が抱える健康上の悩みを解決していくという。

第1弾では、11月から約3カ月にわたって妊活プログラムを実施。モニターに選ばれた女性60名が、「妊活と冷え」「妊活と睡眠」などをテーマにしたワークショップを体験できる。期間中は各社のサービスを利用し、基礎体温の測定や食事診断などを通した体調管理を行って、心身ともに健やかで妊娠しやすい体づくりを目指すとのこと。

モニターの対象はフルタイムの仕事を持つ20〜30代の女性(東京・神奈川・千葉・埼玉のいずれかに在住)で、ドコモのスマートフォンを使用している必要がある。応募はABC Cooking Studioのウェブサイトで11月5日まで受け付けている。参加費用は600円(税別 / モニター期間のアプリ利用料)。なお、モニターには1,000円分のQuoカードをプレゼントする。